旦那さんとケンカして落ち込むママ友を励ますセリフ9パターン


どんなに愛があっても、結婚生活にケンカはつきもの。ママ友がケンカして落ち込んでいたら、うまく支えてあげたいものです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「旦那さんとケンカして落ち込むママ友を励ますセリフ」を紹介します。

  • 【1】「ぱーっと飲みに行こう!」と気分転換に誘う

    あえてケンカの話にふれず、リフレッシュしようと誘う一言です。気分転換に付き合うときはアドバイスや説教をすることなく、徹底的に楽しませてあげましょう。気晴らしをすることでママ友も冷静になり、自分が反省すべき点を見つけられるかもしれません。

  • 【2】「何かあった? 悩んでるなら相談にのるよ」と話しやすい雰囲気を作る

    相手の状況を察して、話し相手になることを申し出るのも一つの手です。落ち込んでいるときは、誰かに話を聞いてもらいたいもの。ただし、そっとしておいてほしい人もいるので、「何? どうしたの?」と無理やり聞き出そうとせず、相手に寄り添う姿勢が大切でしょう。

  • 【3】「わかるわかる。私もそんなことあったよ」と自分の同じような経験を話す

    ママ友の状況に共感しつつ、自分のことを話して相手の気持ちに寄り添う方法です。ママ友の話をさえぎることなく聞いた上で、同じような体験談を話せば、「みんな同じような経験があるのね。私も頑張ろう」と思ってくれるかもしれません。

  • 【4】「ケンカするほど仲がいいっていうし」と前向きに励ます

    ケンカの内容がどうであれ、その状況を肯定してあげるパターンもあります。ケンカしたこと自体にブルーになっているなら、「ケンカするほど仲がいい」と持ち上げてみましょう。明るく言われれば「確かにそんな言葉もあるな」と発想を転換できて、前向きになれそうです。

  • 【5】とことん話を聞いて、「結婚生活って、いろいろあるよねー」と共感を示す

    ママ友の立場に立って、深い共感をあらわす方法です。しっかり話に耳を傾けて「うんうん」と相づちを打って、相手を丸ごと受けとめてあげましょう。さらに「いろいろあるよねー」と深くうなずけば、「この人はわかってくれてる」と信頼感を与えられそうです。

  • 【6】「うちなんか、もっとひどいよ」と自虐的な話を展開する

    ママ友が落ち込む理由を聞き、さらに上をいく自分の話を展開してしまうパターンです。自分の状況を最悪だと思い込んでいたママ友も、もっとひどいエピソードを明るく話すあなたにふれて「そんなに落ち込む状況じゃないかも」と冷静になり、「私もやりすぎたかな」と笑顔になるかもしれません。

  • 【7】「○○さんって、結婚何年目?」とラブラブだったときの話を聞き出す

    結婚当初の話など、旦那さんとの愛情あふれるエピソードを引き出すための一言です。ケンカしているときは、旦那さんへの愛情やいい点が見えにくくなるもの。「よくケンカするの?」など無難な質問からスタートして、旦那さんへの気持ちを再確認できる話へ誘導するといいでしょう。

  • 【8】「旦那さん、今ごろ後悔してるだろうね」と旦那さんの気持ちを推測させる

    自分のことでいっぱいになっているママ友の気持ちを旦那さんへ向かせる方法もあります。「旦那さんが後悔している」という心境をおしはかって伝えることで、意地を張っていたママ友も「私も同じ気持ちだわ」と素直になり、早く仲直りしたい気持ちが高まりそうです。

  • 【9】「早く仲直りしたほうが気楽になるよね」と仲直りをうながす

    ケンカして凝り固まっている心をほぐし、仲直りをすすめるセリフです。夫婦ゲンカは誰にとっても苦しい状況です。「うまく仲直りできるといいね。応援しているよ」など、ママ友の背中をポンと押すような一言を添えて励ますと、より心強く感じてもらえるでしょう。

旦那さんとケンカして落ち込むママ友にどんな言葉をかけたら元気になるでしょうか。ほかにもいいセリフがあれば教えてください。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock