気づくとタメ口になっている後輩の言葉遣いをスマートに正す振る舞い9パターン


質問に「うん」と答えたり、「そっか」と相づちを打ったり…。社会人として適切でない後輩の発言に、悩んでいる教育係も多いようです。そこで『オトメスゴレン』読者に聞いた「私の言葉遣いを直してくれた先輩のアドバイス」をもとに、後輩の誤りを改めさせる方法をご紹介します。

  • 【1】「そんな言葉遣いじゃ、せっかくの美人が台ナシよ」と褒め言葉とブレンドしながら指摘する

    「叱られるだけじゃないなら、頑張って直そうと思う」(20代女性)と、たしなめると同時によい点は褒めるとやる気ダウンが防げ、効果が高まるようです。そして、その場ですかさず正しい言葉遣いを提示するのもポイントだといえるでしょう。

  • 【2】「実は私も、言葉遣いに自信がなくて」と一緒に学ぶ姿勢で指導していく

    「注意も上から目線でなければ、素直に聞く気になれます」(20代女性)という人も多いので、あえてしゃがんで同じ視点に立つことも必要です。「私もこれで勉強したのよ」と、ビジネスマナーや会話についての本を渡すのもいいかもしれません。

  • 【3】後輩が上司や先輩にタメ口をきくたびに「教育が行き届かず失礼しました」と頭を下げる

    「先輩に恥をかかせていると気づいて凹み、言葉に気を付けるようになりました」(20代女性)と、後輩のミスを自分のものとして頭を下げる先輩の姿にグッときて、態度を改める人も多いよう。その後、何事もなかったように後輩に接すると、さらにスマートでしょう。

  • 【4】思い切りタメ口で接したあとに「これがあなたのしていることよ」と言ってみる

    「先輩がわざと話しているタメ口を聞いて、自分の言葉遣いを反省した」(10代女性)というように、自ら悪い例を示す手もあります。「それのどこが悪いの?」と思われないように、「私が上司とこんな風に話していたら変じゃない?」と即座にダメ押しするといいでしょう。

  • 【5】かつての自分や同僚の言葉遣いの失敗談を笑い話として伝える

    「イケメン上司に『へえ』と応えたら冷たくされるようになった先輩の同期の失敗談を聞き、注意するようになった」(20代女性)と、類似例を出して気づかせます。その流れで、「あなたも、たまに言ってるわよ」と注意すると、さらに効果的でしょう。

  • 【6】後輩の同僚の名前を挙げ、「○○ちゃんは言葉遣いがキレイと評判なんだって」と伝え、ライバル心をあおる

    「同期の子が褒められたり認められたりすると、奮起します」(20代女性)と、同僚の評価を常に気にしている人も多いよう。特に嫉妬深いタイプなら「仕事はあなたのほうができるのに」と持ち上げれば、「ならば言葉遣いを正そう」と努力するはずです。

  • 【7】タメ口が出るたびに100円ずつ「タメ口貯金」をさせて、ある程度貯まったらそのお金でランチに誘って明るく反省会をする

    「罰金制にされると頑張ってしまいます」(20代女性)というように、ゲーム感覚でタメ口を正す方法もあります。お金をプラスしてご馳走ランチをおごると、いい先輩だと印象づけられそう。直ったあともたまに『おごりランチ』をして、手綱を締めておきましょう。

  • 【8】その後輩が何かいいことをして褒めるときに「あとは言葉遣いがちゃんとできれば完璧ね」と添える

    「認められるとやる気になります」(10代女性)と、おだてられると伸びるタイプは多いものです。褒める機会が巡ってきたら、正しい言葉遣いを指摘する絶好の機会。ここぞというタイミングで指摘して、後輩のやる気をはぐくみましょう。

  • 【9】「実は言葉遣いがちゃんとできないメンバーがいて」とその後輩に悩みごとを打ち明けるようにして本人に気づかせる

    「困った新人への対処法を先輩と考えたときに、『私も同じかも!』と気づき焦りました」(20代女性)というように、「人のふり見て我がふり直せ」を活用する方法です。このとき「先輩たちの口調を真似すればいいのにね」と解決策を提示すると、より効果的でしょう。

後輩の言葉遣いを気づかせて直すには、ほかにどんなスマートなテクニックや振る舞いがあるでしょうか。皆さんのご意見や体験談をお待ちしています。(萩原はるな)
Photo:All images by iStock