クタクタに疲れて帰宅したとき、心癒される妻の出迎え9パターン


仕事から帰宅する夫を迎えるときには、「お帰りなさい」と声をかけるのが一般的でしょう。しかし場合によっては、さらにもう一言添えてみると、夫の心を解きほぐすことができるかもしれません。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「クタクタに疲れて帰宅したとき、心癒される妻の出迎え」をご紹介します。

  • 【1】「今日も一日お疲れさま」とねぎらう

    「とてもシンプルだけど、自分がそう言われるとうれしいから」(20代女性)というように、気持ちを込めた「お疲れさま」に、家族の温もりを感じる人は多いようです。優しい笑顔で迎えてあげれば、夫も肩の力が抜けるでしょう。

  • 【2】「家族のためにありがとう」と感謝の気持ちを伝える

    「夫が仕事しているのは、わたしたちの生活のためだから」(30代女性)というように、働いてくれることをありがたく思っているとストレートに表現するのもいいでしょう。普段はなかなか言いにくいことをさらっと伝えれば、夫も「ああ、明日からも頑張ろう!」と思ってくれそうです。

  • 【3】「遅くまで大変だったねー」と温かく迎える

    「いたわる気持ちを表現したい」(20代女性)というように、夫の気持ちに寄り添う言葉でも疲れを癒してあげられそうです。さらに、「あー、あなたの顔を見るとホッとするな」などとうれしそうにして見せると、「うちに帰ってくる幸せ」をしみじみ実感してもらえるでしょう。

  • 【4】「大丈夫?」と体を気遣う

    「『無理して体こわさないか、心配だよ』と背中をさする」(30代女性)というように、夫の心身をいたわる迎え方もあります。ただし、案ずるあまり「頑張りすぎじゃない?」と言ってしまうと、「俺だって好きで深夜残業してるわけじゃない」と夫を不快にさせる恐れがあるので注意しましょう。

  • 【5】「おいしいご飯ができてるよ」と夫が喜ぶことをアピールする

    「『今日のカレーは大成功だよ!』と好物で盛り上げる」(20代女性)など、少しでも夫のテンションが上がるように仕掛けてみるのもいいでしょう。「ビールをキンキンに冷やしてるよ」「お布団干したからフッカフカだよ」というように、いくつかのバリエーションを用意できるとよさそうです。

  • 【6】「ご主人さま、お帰りなさいませ」と正座して非日常を演出する

    「どうやって笑わせるか、いつも考えている私は変!?」(30代女性)というように、ちょっとおどけて、仕事モードから一気に解放してあげることもできそうです。ただし、悪ふざけが過ぎると、余計に疲れさせてしまいそうなので、夫の性格や状況をよく考えてから実行しましょう。

  • 【7】「ご飯にする? お風呂にする?」とかいがいしく世話をやく

    「疲れているときは、早くゆっくりできるように気を回す」(20代女性)というように、先読みして夫の行動をサポートするのもいいでしょう。「マッサージしようか?」など、普段はやらないことを提案してみると、大喜びしてくれそうです。

  • 【8】「お仕事どうだった?」と話し相手になる

    「『今日は疲れてるみたいだね』とさりげなく言う」(30代女性)など、愚痴を吐き出しやすい雰囲気を作り、夫の悩みに耳を傾けてあげるのも、ストレス軽減の一助となりそうです。ただし、仕事のことは家庭に持ち込みたくない夫もいるので、無理やり聞き出すのはやめておきましょう。

  • 【9】「お帰りなさい。大好きだよ」とかわいらしく愛情表現をする

    「優しくハグしながら、『お帰りなさい』って言うのが理想」(20代女性)というように、まっすぐな愛情を向ければ、夫のテンションも上がるかもしれません。「こいつのためにも頑張るぞ」と思われるように、どうせなら照れずにやってみましょう。

ほかにも、疲れて帰宅した夫の心を癒せそうなセリフがあれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock