「さすがに痩せなきゃまずい!」と夫に危機感を抱かせる一言9パターン


「最近、夫のお腹が気になる」という女性は少なくないようです。では、かつてのスタイルを失いつつある夫に、「痩せなきゃまずい!」と危機感を抱かせるにはどうしたらよいのでしょうか? そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『さすがに痩せなきゃまずい!』と夫に危機感を抱かせる一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「ズボンきつくない?」と、ベルトを引っ張る

    「『ズボン、また買い換えだね』と突っ込まれて奮起!」(30代男性)というように、膨らむお腹を自覚していても、改めて指摘されないと行動できない男性は多いようです。恥ずかしい立ち姿をカメラで撮影して、ありのままの姿を認識させましょう。

  • 【2】「昔は、チビTが似合ってたよね」と、出会ったころのスタイルを褒める

    「『昔のピタパン、かっこよかったな』とため息をつかれました」(20代男性)というように、過去の姿と比較することで「あのころに戻ってやる!」とやる気にさせる手もあります。「おまえも変わったよな」と返されないよう、わが身を振りかえることも忘れずに。

  • 【3】「このままデブカップルになる?」と、嫌な未来を想像させる

    「『二人ともデブならいいか』と妻に言われ、思わず『いや待て!』」(20代男性)というように、やがて来る「残念な将来像」を認識させるパターンです。「私ももっと太っていい?」と迫れば、妻には美しくあってほしいと願う夫なら、慌てて腹をひっこめるかもしれません。

  • 【4】「一緒にウォーキングでも始めてみる?」と、軽い運動に誘う

    「『二人で朝ランしない?』と妻から誘われ、一念発起!」(20代男性)というように、二人で楽しめる運動なら、無精な夫でも気負わず始められそうです。「今度は川沿いを歩いてみようか?」など、メニューを工夫すれば、三日坊主に終わらず、長続きするでしょう。

  • 【5】「成人病が心配だなあ」と、健康を気遣う

    「『このままだと病気になっちゃうよ』と涙目で言われ、さすがに反省」(30代男性)など、深刻な面持ちで健康を案じる妻の愛情に、心動かされる男性もいるようです。「大黒柱なんだから!」とハッパをかけ、家族一丸となって夫のダイエットを応援してあげましょう。

  • 【6】「もうちょっと痩せたらもっとかっこいいのに」と、逆説的にけなす

    「『細身のスーツが好きなんだけど…』と遠まわしに否定されて、ヤバさを実感」(20代男性)というように、「デブ!」とは言わず、やんわり自覚させる手も。鈍い夫なら、「最近の成長ぶりはもはや詐欺だよね!」など、強い言葉でドキッとさせたほうが早いでしょう。

  • 【7】「あの人、スラッとしてていい感じ」と、ほかの男性を褒める

    「『あの人細身でかっこいい!』なんて、黙ってられない」(20代男性)というように、目の前で別の男性に関心を示すことで、夫の闘争本能にも火がつくかもしれません。「痩せたら惚れ直してあげてもいいけど?」などと笑顔で突き放せば、本気モードになるでしょう。

  • 【8】「これ以上太ったら別れる!」と、ちょっと脅してみる

    「『痩せてくれないなら離婚だよ』とキツい一言。本気だったらマズいので…」(20代男性)というように、妻を愛していればこそ、「別れる」と言われて焦らない男性はいないでしょう。一方的に責め立てるのではなく、「一緒に頑張ろうよ」という優しい言葉も大切に。

  • 【9】「ずっとステキなままでいてね」と、微妙な褒め方をする

    「『このままカッコイイ〇〇(夫の名前)でいてね』と見つめられて、ドキッ…」(30代男性)というように、今の自分を褒められると、現状維持のための努力にも熱が入りそうです。夫に本気になってもらえるよう、自分自身のスタイル維持にも努めましょう。

ほかにも、「こんなことを言ったら夫が本気になった」という一言があれば教えて下さい。結婚当時のトキメキを忘れないためにも、お互いにスタイル維持を心がけていきたいですね。(西村祥子)
Photo:All images by iStock