食事を残してしまったとき、男性に悪印象を与えてしまう一言9パターン


食事デート中、全部は食べ切れなくて、残してしまう場合があるかもしれません。そんなとき、残してしまう理由の伝え方によっては、男性に悪印象を与えてしまうようです。そこで、今回はスゴレン男性読者へのアンケートを参考に、「食事を残してしまったとき、男性に悪印象を与えてしまう一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「こういう食べ物は太るから、今は食べないようにしている」とダイエットを頑張っているとアピールする。

    「デートのときぐらいダイエットは休めばいいのに…」(20代男性)と、ダイエットを頑張っていることは認めつつも、デートでは気にしないでほしいようです。メニューを選ぶときは、低カロリーのものを選び、残さず食べるよう工夫をするといいかもしれません。

  • 【2】「これ以上食べると太りそうだからいらない」と太りたくない宣言をする。

    「食事だけが太る原因ではないし、体型のことしか考えてない気がする」(10代男性)と、一緒に食事を楽しめない女性だと残念に感じるようです。「太りそうだから」というより、「もうお腹いっぱいで…」などとごまかすと、男性も残すことに納得してくれるでしょう。

  • 【3】「こんなに量が多いなら、注文しなきゃよかった」と愚痴る。

    「自業自得。量を確認して注文しろよって思う」(20代男性)と、注文後は責任を持って、残さず食べてほしいようです。量が多そうなものを食べたい場合は、注文前に「もし食べ切れなかったら、食べるの手伝ってね」などと、男性にお願いしておくといいかもしれません。

  • 【4】「まずい…」と男言葉で感想を言われる。

    「吐き捨てるような言葉に幻滅」(20代男性)と、男言葉遣いにガッカリするようです。あまりにおいしくないと感じたら、男性にも「この料理の味どう思う?」などと意見を聞いて反応を見たり、「口に合わないかも…」とやんわり言うといいかもしれません。

  • 【5】「無理して食べて、お腹いっぱいになりたくない」とすねる。

    「せっかく作ってもらった料理を残すことは恥ずかしいと思ってほしい」(20代男性)との声も。無理はよくないと思いつつも、子供のようにすねる態度に困惑するよう。食べられないと思ったら、「残してしまってゴメンナサイ」など、申し訳なさを出すといいかもしれません。

  • 【6】「この味、私には合わない!」と自分は悪くないと料理を否定する。

    「もうこの子とは食事をしないでおこうと決意をする」(30代男性)とのように、せっかく選んで入ったお店にケチをつけられたような発言にあきれるようです。どうしても口に合わないと感じたら、控えめに「ちょっと苦手な味かも…」と言うといいでしょう。

  • 【7】「残りは食べていいよ」と男性に残した料理をおしつける。

    「なんだか残飯処理として扱われている気がする」(10代男性)と、へこむようです。「もうお腹いっぱいだから、残り食べる?」「申し訳ないけど、食べてもらってもいい?」と男性に聞いたり、お願いするほうが、男性に悪印象を与えないでしょう。

  • 【8】「コレ、今の気分じゃない」とつぶやく。

    「気分でイヤと言われると悲しくなる。いつもこの子の気分にふりまわされそう」(20代男性)と気まぐれ加減が印象を悪くするようです。気分のせいにするのではなく、「申し訳ないけど…、今日はもうお腹がいっぱい」などと、謙虚な気持ちを表現するといいかもしれません。

  • 【9】「もう無理!」と投げやりになる。

    「無理ってなんだよ!って思う」(10代男性)と、投げやりな女性の態度に怒りに似た感情がわくようです。食べるのがつらくなったときは、「これ以上はお腹に入らないかも…」とつらい気持ちを正直に言えば、男性も納得してくれるかもしれません。

他に、男性と食事デート中に「そんな理由で残すのはよくない」などと言われたエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock