女友達に「だから彼氏ができないんだよ…」と思われてしまう行動9パターン


恋人ができない理由を一番知っているのは、身近にいる女友達かもしれません。でも、悪いところをズバっと指摘してくれる友達は少ないので、それに気づかぬまま過ごしている恐れがあります。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者の意見を参考に、「女友達に『だから彼氏ができないんだよ…』と思われてしまう行動」をご紹介します。

  • 【1】理想が高く、他人の彼氏を勝手にダメ出しする。

    「人の彼をバカにするとか、何様のつもり?」(20代女性)のように、彼氏ができないのは理想が高すぎるからという意見です。理想の男性ではないからと非難せず、どんな人なのかを知ろうとすれば、男性の意外な魅力に気づくことができるかもしれません。

  • 【2】「痩せたい」と言いながら、高カロリー食をむさぼり食う。

    「言葉と行動が正反対(笑)」(20代女性)のように、お菓子などを食べながら「痩せたい」という姿を見て、本気で彼氏をつくる気がないと感じる女性もいます。鉄の意志でダイエットを成功させれば、男性だけでなく友達からの評価も高まるでしょう。

  • 【3】ノーメイクで髪がボサボサのまま出歩いている。

    「努力しないで、彼氏ほしいと言われても…」(20代女性)のように、キレイになる努力を怠っているのが原因と考える女性もいます。外出時にメイクを欠かさず、髪を整えるなど、少し努力をするだけで、男性の反応が変わってくるかもしれません。

  • 【4】足を開いて座る、大きい声で話すなどガサツな行動をする。

    「女の子らしくするだけで変わる」(10代女性)のように、人前でガサツな行動をするのが原因だという女性もいます。「男性が見ていると意識した方がいい」(20代女性)のように、男性の視線を意識すれば女の子らしい振る舞いが身につくかもしれません。

  • 【5】口をあけてくちゃくちゃ食べるなど、食事のマナーが悪い。

    「見ていて痛々しい…」(10代女性)のように、食事のマナーの悪さが男性を遠ざけていると考える女性もいます。女友達に食事のマナーが悪いときは注意してもらうなど、地道な努力で改善すれば、男性とデートするときも安心です。

  • 【6】「どうせ私は○○だから…」とネガティブな発言ばかりする。

    「あきらめたらそこで終了」(20代女性)のように、ネガティブな発言ばかりで行動しないのが原因だと考える女性もいます。何でもポジティブに考え、気になる男性に自分からアプローチすれば、振り向いてもらえるかもしれません。

  • 【7】周りに人がいるのに、「彼氏欲しいなー!」と大きな声で言う。

    「誰でもいいのかよ…。はしたない」(10代女性)のように、男性の前で「彼氏が欲しい」と大声で言ってしまうところが原因だと考える女性もいます。「彼氏が欲しい」と言うより、まず本気で好きになれる男性を探す方が、素敵な恋愛を呼びこむきっかけになりそうです。

  • 【8】人の話を一切聞かずに、自分の話ばかりする。

    「話しててつまらない」(20代女性)のように、一方的に自分の話ばかりしている様子を見て、自己中心過ぎると感じる女性もいます。適度にあいづちを打ちながら、相手の話を引き出すようにすれば、男性も心を開いてくれるかもしれません。

  • 【9】周りの人の悪いところばかりを指摘する。

    「悪口や噂話にウンザリ」(10代女性)のように、人のあら探しばかりするからだと感じている女性もいます。大きな心で他人のいいところを探すクセをつければ、身近にいる素敵な男性の存在にも気づくことができるかもしれません。

女友達に「だから彼氏ができないんだよ…」と思われてしまう行動には、他にどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock