男性が幻滅してしまう食事中の振る舞い9パターン


合コンやデートなどで、男性と一緒に食事をする機会は多いもの。そのときに、何気ない食事のマナーや振る舞いで、男性を幻滅させたらもったいないです。そうならないために、今回はスゴレン男性読者に聞いた「男性が幻滅してしまう食事中の振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】「いただきます」「ごちそうさま」などの挨拶をしない。

    「挨拶は常識だと思うから、挨拶をしない子って結構引く」(20代男性)などの意見から、挨拶は最低限のマナーだと考える男性は多いようです。ただし、小声でボソッと言うと暗い雰囲気になってしまうので、手を合わせてしっかり言ったほうが良いでしょう。

  • 【2】箸を正しい持ち方で使えない。

    「箸の持ち方って、基本的な作法が身についているかどうかが見える部分だと思う」(20代男性)というように、箸の持ち方から女性の作法レベルを見ている男性もいます。箸を正しく美しく持てると、それだけで清楚で上品な印象を与えることができるでしょう。

  • 【3】口に食べ物が入っている状態で話す。

    「どんなに好きな子でも、食べてる状態で口を開けたら幻滅しちゃう」(10代男性)というように、ものを食べながら話すと、下品な印象を与えてしまいそうです。食事中に男性の話で笑いそうになった場合は手で口を押さえるなど、口の中が見えないよう気をつけましょう。

  • 【4】テーブルに肘をつきながら食べる。

    「食事中に肘をつく子は育ちを疑うし、料理を作ってくれた人にも失礼」(10代男性)のように、食事中の作法から、女性の内面や育った環境を見ている男性もいるようです。肘をつくなどの何気ない動作も、意識して気をつけたほうが印象は良くなりそうです。

  • 【5】脚を組んだまま、食事をする。

    「食事中の態度として印象が良くないし、テーブルの下で油断してる感じが引く」(30代男性)のように、テーブルの下など、食事中に見えない部分もチェックしている男性はいるようです。見えない部分も油断せず、女性らしさを意識すると良いでしょう。

  • 【6】帽子やサングラスをつけたまま食事をする。

    「帽子やサングラスを外すのは、食事相手に対する当然の礼儀」(30代男性)というように、相手に対しての礼儀を重んじている男性もいます。オシャレを気にするよりも、相手に対して失礼じゃないかどうか考える気遣いが大切でしょう。

  • 【7】箸できれいに魚を食べられない。

    「完璧じゃなくてもいいけど、グチャグチャ身をほじるのは下品」(20代男性)のように、焼魚などの魚の姿のまま出された料理を、きれいに食べられない女性を残念に思う男性もいるようです。魚をきれいに食べられると育ちが良く思われるので、普段から練習しておくと良いでしょう。

  • 【8】スパゲティをそばのようにズルズル食べる。

    「フォークをちゃんと使ってほしいし、食べ方が汚い」(20代男性)などの意見から、スパゲティをズルズル食べる女性に幻滅してしまう男性も多いようです。スパゲティを一口大に巻いて食べるなど、スマートに食べられると、スタイリッシュで都会的な印象を持ってもらえるでしょう。

  • 【9】ご飯茶わんに米粒を残す。

    「たかがご飯粒かもしれないけど、きれいに食べようって態度が見えないのがヤダ」(20代男性)というように、食べ終わったあとの食器を見て、ショックを受ける男性もいるようです。茶わんについた米粒も残さず食べることで、食事に対する感謝や相手への気遣いが見え、好印象を与えられるでしょう。

「男性が幻滅してしまう食事中の振る舞い」には、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock