LINE・メールが苦手な男性に喜ばれるアプローチ9パターン


気になった男性が、メールを苦手としていることもあるのではないでしょうか。では、そんな男性に対してどんなアプローチが効果的なのでしょうか。スゴレン男性読者へのアンケートを基に「LINE・メールが苦手な男性に喜ばれるアプローチ」をご紹介します。

  • 【1】電話で近況や普段の生活について話す。

    「声を聞いたほうがお互いの気持ちがわかると思う」(20代男性)など、メールが苦手な男性には、話すことを大切に思う人が多いようです。仕事やイベントの後の「おつかれ!」といったちょっとした一言でも、思い切って電話で伝えてみるといいでしょう。

  • 【2】ちょっとしたあいさつなど、マメに声をかける。

    「軽いあいさつでも回数を重ねると、気にかけてくれてるように感じる」(30代男性)など、一言声をかけるだけでも、マメに続ければ心に残るようです。朝のあいさつなどは、「今日は機嫌がいいね」などともう一言付け加えるとより印象づけやすいでしょう。

  • 【3】会っているときに、じっと見つめる時間を増やす。

    「目が合う頻度が増えると意識してしまう」(20代男性)など、メールが苦手な男性の中には、ちょっとしたサインに敏感な人も多いようです。1対1だけでなく、大勢で話しているときに視線を多く向けることも効果的でしょう。

  • 【4】お礼や何気ない連絡事項などを手紙を書いて渡す。

    「形として残るし、誠意が伝わります」(20代男性)といったように、メールが苦手な男性の中には、手紙に温かみを感じるロマンチストもいるようです。「後で見てください」など、秘密っぽさの演出もあると喜びの気持ちをくすぐれるでしょう。

  • 【5】「最近○○ですね」など、男性の雰囲気や見た目について触れる。

    「自分に注目してくれていると思うとうれしくなる」(20代男性)など、ちょっとした指摘を好意的に受け取ってもらえるようです。体調、髪型、服装などの変化について指摘できるように、普段から注意深く観察しましょう。

  • 【6】旅行のおみやげなど、ちょっとしたプレゼントを渡す。

    「おみやげが他の人と少し違うだけでも意識しちゃうかも」(30代男性)など、メールが苦手な男性には、自意識過剰っぽい部分もあるようです。職場でおみやげを配るような場合も、後で別個のおみやげを渡すなどすれば、意識される可能性も高いでしょう。

  • 【7】仕事や人間関係に関するグチや悩み事を聞いてもらう。

    「相談相手として選ばれるだけでもうれしい」(20代男性)など、メールが苦手な男性の中には、頼られた相手に対して心を開きやすい人もいるようです。話を聞いてもらった後に感謝の気持ちを伝えると、男性の喜びにつながるでしょう。

  • 【8】「説明がわかりやすい」など、感心した点を褒める。

    「自信が持てるようになる」(20代男性)など、メールに対して慎重になるために苦手意識のある男性は、自信のつく言葉に反応しやすいようです。自信を持ちにくい相手だけに、謙遜しても気にせず褒めるくらいの押しが大切でしょう。

  • 【9】趣味などのこだわりについて質問する。

    「自分が興味を持っていることなら話しやすい」(20代男性)など、メールの返事に悩むようなタイプの男性ほど、話しやすいテーマだとおしゃべりになることもあるようです。相手が機嫌良く説明してくれるようなら、具体的な細かい内容まで掘り下げて聞いてみましょう。

他にも「メールが苦手な男性に喜ばれるアプローチ」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock