男性が「カワイイな」と思う小さなウソ9パターン


本来、ウソをつくのはあまりいいことではありません。でも、女性がつく小さなウソに限って、男性から「カワイイな」と思われることもあるようです。そこで今回は、スゴレン男性読者へのアンケートを参考に「男性が『カワイイな』と思う小さなウソ」をご紹介します。

  • 【1】休みの日の予定がないのにあるフリをして、手帳を確認する。

    「『確認する』なんて言って、予定が真っ白な手帳を見てるのはかわいいかも」(20代男性)というように、強がる女性の態度が好評な様子。普段きちんとしている人のほうが、大人げない言動とのギャップがあって、いいかもしれません。

  • 【2】胸が小さいのを気にして、AカップなのにBカップだと言う。

    「『ホントだよ!』とか、ムキになると余計に胸キュン」(20代男性)などのご意見が。少しでも自分をよく見せようと一生懸命な姿に、グッとくるのかもしれません。ただし、AカップなのにFカップと言うなど、あまりにもウソが大きいとギャグになってしまうので注意しましょう。

  • 【3】「お腹は減ってない」と言ったあとでお腹が鳴る。

    「お腹が鳴ったあと、恥ずかしがる姿がいい!」(20代男性)など、「ドジッこ」好きの男性にウケるウソだと言えそうです。顔を赤くするなど恥ずかしがり方がかわいいと、さらに男心をつかむことができるでしょう。

  • 【4】背の小さい女性が「150センチあるよ」と身長をサバ読む。

    「150センチだって十分小柄なのに、こだわっちゃって…」(20代男性)と、兄のような気持ちになる男性多数。「大きくなりたい」という子どものような願望に、ホッとするのかもしれません。足が22センチの女性が「23センチ」と言うのも、同じような効果があるでしょう。

  • 【5】助手席でウトウトしているのに「眠くない」と言い張る。

    「寝ればいいのに、運転手に気をつかってて健気」(20代男性)というように、男性はこのウソから女性の優しさを感じとるようです。アメをなめるなど、必死で目を覚ます努力をすると、さらにいじらしく見えるでしょう。

  • 【6】服を買いすぎたとき「安かったから」と言い訳する。

    「オレに言い訳する必要ないのに。反省してシュンとしていると、もっとかわいい」(20代男性)など、ちょっと元気がない女性の姿が男性をキュンとさせるケースです。ウソ自体がかわいいのではなく、反省する態度がかわいいので、開き直った態度で言うのはやめましょう。

  • 【7】全然逆なのに「一緒の方向だから」と言って少しでも長くいようとする。

    「一緒にいたいのがバレバレ。こういうウソなら大歓迎!」(20代男性)などのラブコールが! 素直に「一緒にいたい」と言えない女性の精いっぱいのウソが、男性をキュンとさせるようです。普段は興味がなさそうな女性が言うと、ギャップから好感度が上がるかもしれません。

  • 【8】長い間彼氏がいないのに「今、いないだけ」と強調する。

    「強がっちゃって(苦笑)。頑張って見栄はってる感じがいい」(20代男性)など、女性の強がりがかわいらしく見えるケースです。ただし、見栄っぱりと感じる男性もいるので、こういう態度をかわいいと思える、包容力のある男性限定のウソにしましょう。

  • 【9】デートがしたくて「私も○○へ行きたい」などと話を合わせる。

    「オレのことが好きってわかるし、そう言ってくれると誘いやすい」(20代男性)と、男性には好評。好意が前面にあふれていて、いじらしく感じるのでしょう。ただし、話を合わせ続けると「自分がない」と思われてしまう可能性もあるので、ほどほどにしましょう。

ほかにも「こんなウソが好評」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock