事務的な一斉メールを送ってきた男性のテンションを上げる返信の内容8パターン


メールアドレスの変更や事務連絡など、大勢に向けての一斉メールは、送るほうも受け取るほうも事務的に処理してしまうもの。それだけに、少し気の利いた返信をするだけで送り主を喜ばせることができるようです。そこで今回は、「事務的な一斉メールを送ってきた男性のテンションを上げる返信の内容」をご紹介したいと思います。

  • 【1】「お互い頑張ろう!」といった元気の出る一言がある

    「やる気が出て、めんどうなメールさばきも頑張れる」(20代男性)といったように、励ましの言葉があると、男性のモチベーションを高めるようです。「大変だと思うけど」などと、共感の気持ちも伝えると男性の心に届きやすくなるでしょう。

  • 【2】「連絡ありがとう」などのお礼の一言が添えられている

    「『了解』だけとかの返信の中でお礼を言われると、優しいなと思う」(30代男性)など、シンプルなお礼の言葉は、一斉メールの返信においては存在感が増すようです。「お仕事お忙しいところ」と、男性の状況を察する一言があると真剣みも増すでしょう。

  • 【3】「ところで、別件なんだけど」と、他の話題についてふれている

    「普通の話題ほど、ついつい返信したくなる」(20代男性)といったように、他の話題を振ることで、男性も事務的なモードから一瞬解放されるようです。そのため、話題の内容は事務的な用件ではなく、友人の近況といった世間話がいいでしょう。

  • 【4】「元気? 最近連絡がなくて寂しかった」と、近況を気にしている

    「自分のことを気にしてくれているだけで、テンション上がります」(10代男性)など、男性は近況をたずねられると、関心を持たれていると感じるようです。「寂しかった」のように、自分の気持ちも伝えれば社交辞令とは思われないでしょう。

  • 【5】「久しぶり! 今度遊ぼうよ」と、気軽な誘いの一言がある

    「誘ってくれるだけでうれしいし、返信もしやすいです」(20代男性)など、誘いの一言に張り切ってしまう男性は多いようです。その際、予定や内容に具体性があると、ただの社交辞令だと思われず実現性も高まるでしょう。

  • 【6】「○○くんからメール来たからドキッとした」など、メールが来たときの気持ちが書いてある

    「『え!?』って一瞬、動揺するかも」(10代男性)といったように、「うれしい」「びっくり」「ドキドキ」といった気持ちに、男性は大きく反応してしまうようです。なぜドキッとするのかといった理由説明などは少ないほうが、男性は余計に気になってしまうでしょう。

  • 【7】「みんなには内緒なんだけど…」など、二人だけの話題を持ち出してくる

    「メールに対する集中度が一気に高まる」(20代男性)など、秘密の話題は男性の好奇心や期待感をあおるようです。いずれみんなに話すような内容でも、先に打ち明けることで、男性は特別な話題と感じてテンションを上げるでしょう。

  • 【8】「このアドレスって○○と関係ある?」など、メールの内容について具体的にふれている

    「ちゃんと見てくれているのがうれしい」(30代男性)といったように、メールの内容についての質問やつっこみは、男性を喜ばせるようです。アドレス変更の連絡なら、ケータイの機種にまつわる話題やアドレスの由来など、気になるポイントについてたずねてみるといいでしょう。

他にも「事務的な一斉メールを送ってきた男性のテンションを上げる返信の内容」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock