男友達をドキッとさせる一言9パターン


男友達が恋愛対象に変わった時、どうアピールすればよいか迷うこともあるのではないでしょうか。そこで、友達の立場からでも男性をドキッとさせられるよう、今回は、スゴレン読者の男性へ向けた調査結果を参考に、「男友達をドキッとさせる一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】目が合った瞬間に「どうしたの?」

    「自分のことを気にしていてくれているんだと思う」(10代男性)と優しさを感じるようです。しかし、目が合ってもすぐそらしたり、「何か用?」などと冷たい態度を取ると、女友達でも好感度が下がるようなので、注意が必要です。

  • 【2】とにかく「かっこいい!」

    「どんなに仲のいい友達でも、「かっこいい」と言われるとうれしくなる」(10代男性)とのように、「かっこいい」は、男性の心を動かす言葉のようです。しかし、あまり言いすぎてしまうと冗談にしか受け取ってもらえないので、場面を選んで言うようにしましょう。

  • 【3】後ろから腕を引っ張って「ねえねえ」

    「女性に甘えられて悪い気はしない! それが女友達でもドキッとする」(20代男性)と男性のテンションを上げるようです。腕でなくても、洋服の袖を引っ張られたり、ささいなボディタッチをされて甘えられるのもうれしいようです。頼み事をする時は甘えてみるといいかもしれません。

  • 【4】上目づかいで「○○だったかな?」

    「ただの女友達でも、不安そうに同意を求められた時は思わず抱きしめたくなった」(20代男性)とのように、頼りにされるとドキドキするようです。さらに、上目づかいだと男性の心をわしづかみにするようなので、気になる男友達に使ってみてはいかがでしょうか。

  • 【5】「なぜだか、あなたには何でも話せてしまう」

    「自分にだけは気を許してくれてると思う」(20代男性)と、「他の男性より、自分だけ○○」という優越感を相手に抱かせるようです。気になる男性によく相談事をしているのなら、話したあとに何気なく言ってみるといいかもしれません。

  • 【6】「○○くんって、何で彼女できないの? モテそうなのにー!」

    「オレの事好きなの!?って嫌でも勘違いしてしまいそう」(10代男性)とのように、男性は舞い上がってしまうようです。2人きり、または友達数人を含めて恋愛話をしている時に、タイミングを見計らって、言ってみてはいかがでしょうか。

  • 【7】2人で歩いている時、「私達、今カップルに見えるかな?」

    「オレとカップルに見られたいから言うのかな?と思って、女友達とデートしている意識になってしまう」(10代男性)と、「カップル」という言葉にも敏感なようです。街中で、周りにカップルが多い時などに、さらっと言ってみてはいかがでしょうか。

  • 【8】思わせぶりな目線を送りながら「彼氏が欲しい」

    「自分に『彼女になりたい』とアピールをしているのかな?と思ってしまう」(20代男性)と意識してしまうようです。大人数でいる時は、誰でもいいと受け取られがちなので、よりピンポイントで伝わるように2人きりの時に言うと良いでしょう。

  • 【9】突然、「あんたのそういうとこ好きよ」

    「たとえ友達としての『好き』でも、ストレートすぎて、心がズキュンとやられた感がある」(20代男性)とのように、かなり心に響いているようです。告白まではいかなくとも、相手をほめる時に「○○なところが好き」と素直な一言を言うと、効果的かもしれません。

他にも、男友達に「今のドキッとした」と言われた言葉や、『男友達に響いたかも』と思う一言があれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock