男性が「いい女だった…」と元カノとの別れを後悔する瞬間9パターン


彼女としては、彼氏が元カノのことを引きずっている状況は耐え難いもの。では男性は、どのような瞬間に元カノを思い出し、別れたことを後悔するのでしょうか。『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「男性が『いい女だった…』と元カノとの別れを後悔する瞬間」をご紹介します。

  • 【1】久しぶりに元カノと会話し、今の彼女よりも会話が弾んだとき

    「会話はやっぱり大事。やっぱりこの子だったのかな…と思ってしまう」(20代男性)というように、特に新しい彼女と交際開始した直後だと、付き合いの長い元カノとのほうがトークがかみ合いやすいこともあります。会話がなじんでくるまで、焦らずゆっくりと関係を築いていきましょう。

  • 【2】恋人時代に撮影した写真が出てきたとき

    「幸せだったな…とか思い出すと、後悔しそう」(20代男性)という意見もあり、過去の記憶を甦らせる写真は危険物といえるかもしれません。彼氏に未練を残してほしくない場合は、元カノの写真を捨てるようお願いするのも手かもしれません。

  • 【3】元カノが親身に相談に乗ってくれたとき

    「優しさを感じるとヤバイ(苦笑)」(20代男性)というように、元カノの優しさにふれて、別れを後悔するケースです。それなりに付き合いがあるのでアドバイスも的確なのかもしれませんが、これからは元カノではなく、自分に相談してもらえるような雰囲気作りを心がけましょう。

  • 【4】今の彼女と小さなことでケンカになったとき

    「自然に元カノならこんなとき…と、比べてしまいそう」(20代男性)など、心の中で彼女と元カノを比べてしまう男性は多いようです。ケンカをしても早めに仲直りする、同じ理由でのケンカを繰り返さないなど、元カノを思い出す隙を作らせないよう努力しましょう。

  • 【5】昔もらった誕生日メールなどを読み返したとき

    「特に酔っぱらったときとかに見返すと…ヤバイ。懐かしくて思わずキュンとしてしまう」(20代男性)というように、何かのタイミングで元カノからのメールやLINEを読み返してしまうケースです。彼氏が元カノのメッセージより、あなたのメッセージを読み返したいと思うよう、普段からマメに愛情を込めた言葉を送るようにしましょう。

  • 【6】元カノが新しい彼氏と幸せそうにしているのを見たとき

    「単純に、自分のものだった女性が他人のものになると悔しい」(20代男性)というように、他人のものになった元カノを見て、急に惜しくなるパターンです。自分も幸せであることを彼氏に感じてもらうため、日頃から優しさを絶やさないようにしましょう。

  • 【7】ひとりで寂しくコンビニ弁当を食べているとき

    「元カノが料理上手だったから『手料理食べたいな』と思います」(20代男性)というように、元カノに胃袋をつかまれていた場合、それが心残りになることもあります。自分が元カノより料理上手であれば、元カノを思い出すことはなくなるはずなので、まずは料理の勉強をしてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】変わらず年賀状をくれるなど、礼儀を欠かさないとき

    「『変わらないなぁ』と思った瞬間、惜しくなることがあります」(20代男性)というように、別れても友達付き合いができている元カップルなら、季節ごとの挨拶が接触のきっかけになることもあるようです。日頃から感謝の気持ちを言葉にして伝え、自分自身も礼儀を欠かさないようにしましょう。

  • 【9】久しぶりに会ったらキレイになっていたとき

    「元カノがキレイになってたら惚れ直しちゃうかもしれない」(20代男性)というように、一度は好きになった女性なので、美しく生まれ変わった姿を目にしてしまうと、ときめきが蘇るのも早いのかもしれません。彼氏が心変わりしないよう、常に美しくある努力を忘れずにいたいものです。

ほかにも「こんなとき別れを後悔した」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock