男性に「今から部屋に行きたい」と言われたときの断り文句9パターン


部屋に誰かが遊びに来るのは楽しいもの。とはいえ、相手が彼氏ではない場合、ふたりきりになるのに抵抗を感じる人も多いはず。そこで今回は、オトメスゴレン女性読者へのアンケートを参考に「男性に『今から部屋に行きたい』と言われたときの断り文句」をご紹介します。

  • 【1】「部屋が散らかってるから恥ずかしいよ」

    「遊びに来るならしっかり片付けたいし、半分ウソだけど半分ホント」(20代女性)というように、女性の本音も混じったケースです。ただし、真実味があるぶん、男性に「次こそ」という期待を持たせる断り方でもあります。次はOKするくらいの気持ちがある場合にだけ使いましょう。

  • 【2】「親が遊びに来てるからダメなの」

    「彼氏でもないのに親に会いたい人はいないから、絶対に断れます(笑)」(20代女性)などのご意見多数。男性心理を逆手に取った断り方だといえそうです。ただし、かなり使い古された文句でもあるので、言い訳だとバレる恐れがあります。好きな男性には使わない方がいいかもしれません。

  • 【3】「模様替え中だから、終わったら遊びに来て」

    「ちょっといいかなと思ってる人にはこう言います」(20代女性)というように、自分自身、ゆくゆくは遊びに来てほしいと思っている場合の断り方です。「いつ終わるの?」と男性が聞いてくれれば、次のデートへもつながるので、一石二鳥といえるでしょう。

  • 【4】「エアコンが壊れてるから寒い(暑い)よ」

    「せっかく来てくれるのに悪い…みたいな雰囲気で言うと◎」(20代女性)というアドバイスも。今日はきちんとおもてなしできないから、という理由で断るケースです。ただし、男性が「気にしないよ」と言う場合もあるので、「私がイヤなの!」と主張する自信がなければ別の断り方をしましょう。

  • 【5】「女性専用マンションで大家さんが厳しいの」

    「大学の女友達は、本当にそういうマンションに住んでる」(10代女性)という人もいるので、学生さんにとっては真実味がある断り方かもしれません。ただし、のちのち仲良くなって「部屋に呼びたい」と思ったときに困るので、絶対に来てほしくない相手にだけ言うようにしましょう。

  • 【6】「部屋には彼氏しか入れない主義なんだ」

    「こう言ったら告白と勘違いされた。言い方に注意!」(20代女性)という意見もあり、上級者(?)向けの断り方といえそう。「彼氏になればOK」と前向きにとらえてほしい場合はかわいく。「可能性はないからダメ」と伝えたいなら、「○○主義だからムリ」など、キッパリ言いましょう。

  • 【7】「もっと仲良くなってからにしようよ」

    「この言い方なら好感度が下がらないと思う」(20代女性)というように、男性に期待を持たせたい場合の断り方です。「仲良くなったら来てね」くらいの意味合いで伝えると、ふたりの関係が進展しやすいかもしれません。

  • 【8】「洗濯物を部屋干ししちゃってて見せられない」

    「花粉症や梅雨の時期なら特にリアル」(20代女性)などのご意見多数。女の子らしい恥じらいも感じさせることができる断り方です。ただし、「片付けるまで外で待つから」と食い下がる男性もいるので、最終的には「今日は準備ができていないからダメ」と主張する必要があるでしょう。

  • 【9】「部屋に人を呼ぶの好きじゃないんだ」

    「どうしてもイヤな人にはコレ。100%断れます」(20代女性)という意見もあり、効果は高い断り方だといえそうです。ただし、変わり者だと思われてしまう可能性もあるので、好感度を下げたくない場合は控えましょう。

ほかにも「こんな断り方が効果的」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock