新しい職場において、男性に好印象を与える振る舞い9パターン


就職や異動で、新たな職場に出勤する初日は緊張するものです。できれば、今後一緒に働いていく男性には、好印象を与えたいと思っている人は多いのではないでしょうか? そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査をもとに「新しい職場において、男性に好印象を与える振る舞い」を紹介します。

  • 【1】男性と目が合った瞬間に、ニッコリほほ笑む。

    「笑顔って第一印象がよくなるし、何より仕事の嫌なことが吹っ飛ぶ!」(20代男性)などの意見から、笑顔に好印象を持つ男性は多いようです。初めて職場に行くときは、とにかく笑顔を意識することが、第一印象をよくすることにつながりそうです。

  • 【2】話すときに、男性の目をまっすぐ見つめる。

    「まっすぐ見つめられただけで、問答無用でキュンとします!」(20代男性)というように、見つめるという行為が、男性をドキッとさせ、好意につながるといえそうです。ただ、常に見つめていると引かれてしまう恐れがあるので、注意しましょう。

  • 【3】挨拶や自己紹介などで、丁寧な言葉遣いで話す。

    職場という場所では、多くの男性が言葉遣いを重要視しているといえます。また、「誠実そうで知的に見えるし、育ちのよさも感じるから」(20代男性)というように、言葉遣いから、女性の性格を読み取ろうとしている男性もいるようです。

  • 【4】上目遣いで男性を見ながら、恥ずかしそうに自己紹介する。

    「小動物みたいなかわいさがあるし、初々しさにドキッとするなぁ」(30代男性)という意見から、照れながらの上目遣いに、男性はキュンとするようです。自己紹介で緊張してしまう人は、上目遣いを意識してみるといいかもしれません。

  • 【5】背筋が伸び、姿勢よくお辞儀をする。

    「しっかりと自分の意見を持ってる女性に見えて、好感が持てる」(40代男性)のように、姿勢がよく、凛とした立ち姿の女性に好印象を抱く男性もいます。積極的なアピールが苦手な女性でも、姿勢を意識するだけならできるでしょう。

  • 【6】男性の名前をすぐに覚え、「○○さん」と名前で呼ぶ。

    「すぐ名前を覚えてくれるって、俺のことを気にしてくれてるのかなってうれしくなる」(20代男性)というように、初対面で名前を覚えてもらうことに、自分だけが特別扱いされたような優越感を持つ男性もいるようです。気になる人がいたら、名前で呼んでみてはいかがでしょうか。

  • 【7】人見知りせず、周囲の人に積極的に話しかける。

    「誰に対しても声をかけられる子って、明るくていい」(20代男性)という意見から、自分から挨拶したり話しかける積極性や明るさに、男性は「気さくな子だ」と感じるようです。ただし、あまり積極的すぎると「うるさい子だ」と思われかねないので、気をつけましょう。

  • 【8】「何か私にできることがあったら言ってくださいね」と、男性を気遣う。

    「初日で緊張してるはずなのに気を使えるって、いい子の証でしょう」(20代男性)などの意見から、仕事の手助けを自分から申し出る女性を、「いい子だ」と感じる男性もいます。上司でも後輩でも、誰にでも好印象を与えられる一言といえるでしょう。

  • 【9】男性がしてくれたことに「ありがとうございます」と、素直に感謝を伝える。

    誰に対しても感謝できる女性に、男性は好感を持つようです。「『すみません』より『ありがとう』と言われたほうがうれしい」(30代男性)という意見があるように、「ありがとう」という感謝の言葉が重要だといえそうです。

ほかにも、「新しい職場において、男性に好印象を与える振る舞い」にはどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock