彼氏募集中であることを自然にアピールできる一言9パターン


彼氏のいない女性にとって、男性へのアピールは重要な行動のひとつです。ただし、あまりにも露骨なアピールは時に逆効果になる恐れもあります。そこで今回は、スゴレン男性読者の意見をもとに「彼氏募集中であることを自然にアピールできる一言」について紹介させていただきます。

  • 【1】自然な会話の流れの中で「私も彼氏いないんだよねー」と告げる。

    「彼氏がいないのを前面に出してくるよりも、ふとした会話から知る方がいい」(30代男性)と、アピールするならあからさまではなく、自然な方が男性の心には響くようです。ただし、何度も連呼すると男性をうんざりさせてしまうので、注意しましょう。

  • 【2】「彼氏ほしいなぁ」ではなく、「恋がしたいなぁ」と言う。

    「『彼氏ほしい』だとがつがつして見えるけど、『恋がしたい』だと映画やドラマの影響っぽくて可愛い」(20代男性)と、言い方によって男性が受け取るイメージは意外と違ってくるようです。言葉選びには、少し慎重になった方が良さそうです。

  • 【3】さりげなく男性に視線を送りながら、「いい人いないかなぁ」とつぶやく。

    「自分に言われてる気がしてドキドキする。目が合ったらそらすくらいの、さりげない感じだとなお良い」(20代男性)と、アイコンタクトに男性は弱いようです。ただし、「誰でもいいから」などの妥協的な言葉は印象が悪いので、使わないようにしましょう。

  • 【4】「いつも料理が余っちゃう」と、一人であることをチラつかせる。

    「『じゃあ食べに行くよ』ってなる」(20代男性)というように、料理の話をきっかけに男性との距離が縮まることもあるようです。「寂しい思いをしているんだろうな」と察した男性が、食事に誘ってくれるかもしれません。

  • 【5】「◯◯に行きたいけど、カップルばっかりだしなー」と、誘ってもらえそうな話題を出す。

    「気になる人だったら誘いやすい」(30代男性)と、こうした話題はデートの約束を自然に取りつけやすくする効果があるようです。「○○に連れてって」などのしつこいアピールは男性を困らせる可能性があるので、あくまでもさりげなく言うのがポイントでしょう。

  • 【6】冗談っぽく「一人で寂しいよ」など、重くならない雰囲気で言う。

    「寂しいオーラが出すぎているのは勘弁してほしい」(10代男性)と、極端にネガティブな雰囲気は男性を遠ざけてしまう恐れがあるようです。アピールするときは、重い空気にならないよう、表情や話し方を工夫してみましょう。

  • 【7】「いつも家族と出掛けてるの」など、遠回しに彼氏がいないことを気づかせる。

    「遠回しに言われた方が後から気になる」(20代男性)と、あえて直接的な言い回しをしない方が男性の想像力をかきたてることもあるようです。ただし、単純に家族と仲が良いだけだと思われる可能性もあるので、期待しすぎないようにしましょう。

  • 【8】「大切に思える人がいるっていいよね」と、特別な存在に憧れる様子を見せる。

    「誰でもいい訳じゃなく、長続きさせたいという思いが伝わってくる」(10代男性)と、誠実な恋愛に憧れる様子は男性に好印象を与えるようです。あえて「彼氏」と言わないことで、純粋さをアピールすることができるかもしれません。

  • 【9】「最近、女友達からしかメールがこない気がする」と男性が身近にいない環境にいることをアピールする。

    「遊んでなさそうだし、メールしてほしいのかな? と若干期待する」(20代男性)と、彼氏がいないのをアピールできる上、メールをするきっかけを作れる可能性もあるようです。アドレスを知らない人同士でも、自然にメールアドレスを交換できるかもしれません。

彼氏募集中であることを自然にアピールするには、他にどんな方法があるでしょうか? みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)
Photo:All images by iStock