男性がおもわず動揺してしまう、女性からの質問9パターン


女性同士では雑談レベルの恋愛トークも、男性相手となると話は別。あなたが何気なく振った恋愛がらみの質問に、男性は内心大きく動揺しているかもしれません。スゴレン男性読者から寄せられた「おもわず動揺してしまう、女性からの質問」を元に、恋の質問を上手く運用してください。

  • 【1】「いま誰か好きな人いるの?」と恋の近況について尋ねる。

    「相手が自分のことが好きだから聞いているのかと思ってしまう」(20代男性)というように、この質問は真意が見えづらく男性を動揺させるようです。男性を勘違いさせてしまいやすいという女性は、日常的に思わせぶりな質問をくり出していないか注意が必要です。

  • 【2】「芸能人だと誰がタイプなの?」と好みの女性像を言わせる。

    「うっかり答えると『趣味わるー』とか、『ロリコンかよ』とか思われそうでおそろしい」(20代男性)というように、この質問は男性を警戒させてしまうようです。それもこれも女性側の好みがわからないから。あなたが先に最近気になる女性芸能人の名前を挙げてから振った方がよいかも知れません。

  • 【3】「クラス(会社)で誰が一番可愛いと思う?」と身近な女性を格付けさせる。

    「女ってグループに分かれてたりするから、変な抗争やいじめに加担しそうで怖い」(10代男性)というように、この質問は女性の怖さを感じさせてしまうようです。質問した女性も自分がランクインしないとそれはそれで傷つくでしょうし、あまりよい質問とは言えないかも知れません。

  • 【4】「○○さんのことどう思う?」と特定の女性の印象について質問する。

    「この質問は○○さんが自分のことを好きか、質問した女性が○○さんのことを嫌いかしかないから困る」(30代男性)というように、この質問は男性を困惑させてしまうようです。「○○さんて可愛いよね、どう思う?」「私、○○さんが苦手だけど、どう思う?」などの前振りがあるとよいでしょう。

  • 【5】「今まで何人くらいと付き合ってきたの?」と恋愛遍歴を述べさせる。

    「ゼロなんて言えない」(30代男性)、「多すぎても少なすぎても引かれるし、適正人数の基準は質問した人の中にあるからなあ」(20代男性)というように、この質問は男性をはずかしめたり、悩ませたりするようです。ここは先に自分の恋愛遍歴を披露してからにしましょう。

  • 【6】「元カノとはなんで別れたの?」と恋愛の終わり方をはかせる。

    「ひどい振り方をしてたら言えるわけがないし、仮に振られたとしても少しは自分に原因があるようで言いにくい」(20代男性)というように、この質問はそもそも男性が答えにくいようです。正しい答えが返って来づらい質問である以上、その答えも話半分ていどにとらえた方がよいかもしれません。

  • 【7】「私のことどう思ってるの?」とどのようにも取れる質問をする。

    「恋愛的になのか、友達としてとか同僚としてとかなのか、わかりにくいし、好きなら先に言えとも思う」(20代男性)というように、この質問は男性に混乱を与えてしまうようです。もし相手のことが好きで聞くのであれば、先にあなたが告白してからにした方がよいでしょう。

  • 【8】「あなたは何フェチなの?」と変態度や切り返しで品をチェックする。

    「バカ正直に性癖をもらすと変態扱いされるし、そもそも軽く下ネタを振って相手の出方を見る引っかけ問題にも思う」(30代男性)というように、この質問は男性を品定めするための罠だととらえる人もいるようです。本当に下ネタトークで盛り上がりたいだけなら自分からバンバン振るようにしましょう。

  • 【9】「今までに浮気したことある?」と信用できる男かどうか見極める。

    「身に覚えがあると答えに困るし、たぶん困ってるところをチェックされてると思う」(20代男性)というように、この質問は身に覚えのある男性を激しく動揺させるようです。また正しい答えが返ってこない質問でもあるので、もし浮気性をチェックしたいのであれば他の方法を探した方がよいかも知れません。

他にも、「男性がおもわず動揺してしまう、女性からの質問」があると思います。皆さんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)
Photo:All images by iStock