女の子からLINE・メールの返信がなく、男性がガッカリする瞬間9パターン


LINEやメールのやりとりの最中、相手から急に返信がこなくなるという経験は誰もが一度はあることでしょう。特に男性が、女の子から返信をもらえなくてガッカリするのはどんなときでしょうか。スゴレンの男性読者に聞いてみました。

  • 【1】勇気を振り絞って、デートのお誘いメールを送ったとき

    「断るなら断ってほしいし、返信がないのが一番ショック」(20代男性)と、デートのお誘いメールには、返事だけは確実にほしいと思う男性が多いようです。断れないまま返事をうやむやにしてしまった場合も、ひとまず返信してあげましょう。

  • 【2】「?」などをつけ、わざわざ疑問形にして返信しやすいメールを送ったとき

    「話を膨らませようとしたのに返信がないと、メールを続けたくないんだと判断してしまう」(10代男性)と、女の子にメールの意思がないことにショックを覚える男性も多いようです。疑問形のメールには必ず返信するのがマナーと思った方がよさそうです。

  • 【3】数分前までやりとりをしていたのに、明日の予定を聞いた途端、返信がなくなったとき

    「要はメールだけの関係で、実際は会いたくないんだなと思う」(20代男性)と、女の子の現実的な態度に傷つけられるという男性もいるようです。予定がある場合は、「◯◯があって明日は空いていないの」と理由を説明してあげるとよいでしょう。

  • 【4】返信はないのに、ブログを更新したりネットサービスへログインしているのを知ったとき

    「ブログを更新している暇があるのに返信してくれないということは、自分は脈なしだと判断できる」(20代男性)と、自分よりネットの方が優先順位が高いことを知って、悲しみを覚える男性もいるようです。ブログの更新やネットサービスにログインする前に、返信した方がよさそうです。

  • 【5】仕事や部活などを頑張ったあと、数時間ぶりにケータイを見ても返信がなかったとき

    「頑張った自分を癒してほしいのに何も返信がないと、ケータイを見なきゃよかったと思う」(30代男性)と、返信を期待していただけにショックが大きいという男性も少なくないようです。「おつかれさま」の一言があるだけでずいぶん印象が違うと覚えておきましょう。

  • 【6】次の日の朝になっても返信がないとき

    「夜は寝てしまって仕方ないとしても、あまりに長い時間返信がないのは心配になる」(20代男性)と、長時間メールを放置されると余計な不安を覚える男性もいるようです。せめて午前中には返信するなどの配慮をするとよいかもしれません。

  • 【7】自分以外の友達にはちゃんと返信をしていることを知ったとき

    「自分へのメールは後回しなんだと分かって、かなりショック」(10代男性)と、知りたくなかった現実に傷ついてしまう男性も少なくないようです。複数の男性に返信するときは、同じタイミングでするように心がけましょう。

  • 【8】誕生日や記念日などの特別な日にメールを送ったのに返信がないとき

    「気合いを入れてデコメールにしたのに…。せめて反応が見たかった」(10代男性)と、特別なメールに対して、女の子からのリアクションを期待している男性もいるようです。そんなときはこちらも丁寧に返信すると、喜んでもらえるかもしれません。

  • 【9】「やっと返信が!」と思ったら、どうでもいい広告やメールマガジンだったとき

    「待ち望んでいただけに、落差にやられる。せめて友達からのメールであってほしかった」(20代男性)と、男性には気の毒なタイミングで、どうでもいいメールが届いてしまうことも考えられます。こうなる前にメールを返信してあげるのが優しさかもしれません。

女の子からLINE・メールの返信がなくてガッカリするのは、他にどんなときでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)
Photo:All images by iStock