部屋に遊びに行ったとき、男性をガッカリさせる行動9パターン


部屋をキレイにしたり、ニオイに気づかったり…女性が遊びに来るときは、男性も何かと気をつかうようです。では逆に、遊びに行くときのあなたの態度はどうでしょうか? 男性をガッカリさせるようなことをしていませんか? そこで今回は、スゴレン男性読者へのアンケートを参考に「部屋に遊びに行ったとき、男性をガッカリさせる行動」をご紹介します。

  • 【1】疲れたからと、すぐに横になろうとする。

    「本当に休みたくてオレの家に来たの!?」(20代男性)と驚く男性多数。おでかけのあと、部屋に行った場合は疲れていて当然ですが、横になるのはさすがに失礼。すぐにリラックスせず、ほどよい緊張感を保つのも大切かもしれません。

  • 【2】冷蔵庫を勝手に開けてお菓子などを食べる。

    「女性として、というより人としてどうなの?」(20代男性)と呆れる男性多数。冷蔵庫や引き出しはプライベートな空間なので、勝手に開けたり、ましてや中のものを食べたりするのはマナー違反です。どうしてもお腹が空いた場合は、男性に伝えて食べ物を出してもらいましょう。

  • 【3】部屋のインテリアにダメ出しをする。

    「これでも頑張ったのに…テンション下がっちゃうよ」(10代男性)などの悲鳴が届いています。女性を部屋に招く場合、多くの男性は掃除をしたり、片付けたりと、最大限の気づかいをしているもの。ベタ褒めする必要はありませんが、辛口コメントは控えましょう。

  • 【4】家に入るなりテレビをつけて、ずっと夢中。

    「何しに来たの?って感じ。全然楽しくない!」(20代男性)と苦情殺到。テレビ番組をふたりで楽しめればいいのですが、「テレビに夢中で男性とは会話なし」という状態がマズいようです。テレビを見る際は、バラエティなど会話が盛り上がりそうな番組を選ぶといいでしょう。

  • 【5】棚やクローゼットの中を勝手に見る。

    「家探しはやめて! 見られたくないものもあるよ」(20代男性)と、困惑する男性多数。たしかに、他人の家には興味をひくものがいっぱい。でも、勝手にあさると男性を困らせてしまうようです。見たいものがあれば、「アルバム見せて」など、男性にお願いして見せてもらいましょう。

  • 【6】頼んでもいないのに部屋を片付ける。

    「片付けてくれるのは嬉しいけど、『汚い』って言われてるみたい…」(20代男性)など、女性らしい行動に喜びつつ、複雑な心境になる男性が多いよう。長年連れ添った彼女であれば問題ありませんが、そうでない場合は頼まれるまで慎んだ方がいいかもしれません。

  • 【7】おじさんのように、あぐらをかいて座る。

    「だらしなくてイヤ。普段もそんな風なの?」(20代男性)など、ギョッとする男性は多いよう。女性のだらしない素顔を垣間見たような気分になるのかもしれません。くつろぐのは構いませんが、女性らしい品性は忘れないよう心がけましょう。

  • 【8】ことわりなく靴下を脱いでくつろぐ。

    「他人の家なんだから、そこまでくつろがないでよ」(20代男性)など、くつろぎ過ぎても男性をガッカリさせてしまうよう。特にはじめての訪問の際は、ある程度の緊張感もスパイスのひとつ。多少は遠慮をして、緊張した素振りを見せた方が喜ばれるかもしれません。

  • 【9】当然のように携帯電話の充電をはじめる。

    「なんで一言言ってくれないのかなぁ…」(20代男性)など、携帯電話の充電そのものでなく、遠慮や気づかいに欠けた行為にガッカリする男性が多いよう。充電を断るようなケチな男性は少ないので、「充電していい?」と聞いてみましょう。

ほかにも「こんな行動でガッカリされた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock