カラオケにおいて、男性がキュンとする瞬間9パターン


男女でカラオケに行く場合、気になる男性に歌唱力を褒められるよりも、「カワイイ」と思われる方が、恋愛においては重要です。ノドがかれるだけで終わらせないために、気になる男性との距離を縮められる言動を理解しておきたいところ。そこで今回は、スゴレンの男性読者100人に行ったアンケートの結果を参考にして、「カラオケにおいて、男性がキュンとする瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】楽しそうに曲に合わせて踊っているとき

    「気取らない感じがしてカワイイ!」(10代男性)など、無邪気にカラオケを楽しんでいる姿に見とれてしまうようです。一人の世界に入り込むと浮いてしまうので、周りも巻き込んで盛り上げることを意識すると良いでしょう。

  • 【2】自分が歌っている最中に、目が合ってニコッとされたとき

    「最後まで歌いきる勇気が出る」(20代男性)など、「聞いているよ」という合図を送ることで思わず熱唱したくなる男性がいるようです。ジロジロ見つめられると男性が恥ずかしがる可能性もあるので、歌の途中に軽く目を合わせる程度が良いでしょう。

  • 【3】歌詞を間違えた瞬間に、照れ笑いをするとき

    「はにかんだ表情に萌えっ!」(10代男性)など、女の子が恥ずかしそうにしている顔は男性の大好物のようです。しっかりと空気を和ませるために、笑顔で「間違えちゃった!」と言うなど、自分からミスを認めることがポイントのようです。

  • 【4】歌っている最中に、うるんだ瞳でこちらをチラ見してきたとき

    「『え、好きなの?』と思わずにはいられない!」(20代男性)など、ストレートに恋愛感情が伝わってしまうので、自分の想いに気づいてほしいときに有効です。また、勘違いされる恐れがあるので、ラブソングを歌っているときは好きではない男性を見ない方が良いでしょう。

  • 【5】マイクを両手で持って歌っているとき

    「なんか女の子っぽい」(10代男性)など、マイクの両手持ちに反応する男性もいるようです。男性に人気のアイドルや歌手の映像を見て、カワイイと思われるマイクの持ち方を研究しておきましょう。

  • 【6】前に好きだと言ったことのある曲を何気なく歌ってくれたとき

    「自分が好きな曲を覚えてくれていたことが嬉しい」(20代男性)など、ちょっとしたサプライズ効果があるようです。あらかじめ気になる男性の好きな曲をリサーチして、こっそり練習しておくと良いでしょう。

  • 【7】「一緒に歌って」と言って、マイクを手渡してくるとき

    「無茶ブリだけど、まんざらでもない気分になる」(20代男性)など、デュエットを頼まれるとテンションが上がる男性もいるようです。男性が歌いやすいように、無難な定番ソングを選曲するのがポイントです。

  • 【8】自分が歌っている最中に、「フワフウッ!」と、盛り上げてくれるとき

    「カラオケではノリが大事! 盛り上げてくれる女の子は最高」(20代男性)など、キャバクラで接客されているときのように上機嫌になる男性もいるようです。好きな男性に対してだけでなく、みんなを平等に盛り上げてあげたいところです。

  • 【9】さりげなく席を移動して、隣に座ってきたとき

    「好感を持たれている気がする」(20代男性)など、女の子が隣に座ってくれるだけでドキッとする男性もいるようです。トイレから帰ってきたときなどに、さりげなく席を移ると自然に好きな男性の横に座ることができるでしょう。

カラオケにおいて、他にはどんな瞬間に男性は女性にキュンとするのでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock