相談相手の男性に胸キュン…一歩踏み出すための一言9パターン


相談に乗ってくれていた男性がだんだん頼もしく思えてきて、気づいたら恋をしていた…そんなときあなたならどうしますか? 今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんに、好きになった相談相手の男性にアプローチするためにはどんな一言があるのか聞いてみました。

  • 【1】「ところで、○○君は好きな人いるの?」と恋愛事情を探る。

    「恋バナに持ち込んで意識させる。」(20代女性)のように、恋愛事情を探ることで、男性への興味をアピールする女性もいます。次第に男性は、「俺に気があるのかも…」と意識するかもしれません。

  • 【2】「これからも何かあったら真っ先に相談してもいいですか?」とお願いする。

    「頼りにされていると分かれば男性も心を開いてくれるはず。」(20代女性)のように、一番頼りにしているとアピールする女性もいます。頼られていることを知った男性は心を開き、二人は本音で話せる関係になるかもしれません。

  • 【3】「たくさん連絡しているから恋人同士みたいだね。」と二人の距離が縮まったことをアピールする。

    「『恋人』という言葉を出して意識してもらう。」(20代女性)のように、恋人同士のように連絡を取り合っていることをアピールする女性もいます。「恋人同士みたい。」と言われた男性は、女性を恋愛対象として意識するかもしれません。

  • 【4】「こんなに相談に乗ってくれる優しい彼氏がいたら良いのになー(笑)。」と冗談っぽく言う。

    「さらっと本音を伝えちゃいます。」(20代女性)のように、「相談相手が彼氏だったらいいのに。」と願望を伝える女性もいます。ただし、あまり真剣に伝えると男性が答えに詰まる恐れがあるので、会話の流れで冗談っぽく伝えた方がよさそうです。

  • 【5】「いつも相談してばかりだから、私にも相談してね。」と毎日連絡をとる口実をつくる。

    「連絡が増えれば、お互いのことを考える時間も増えるはず。」(20代女性)のように、自分も相談に乗ると伝え、連絡の機会を増やす女性もいます。毎日連絡を取り合う仲になれば、自然と恋人同士のような関係になれるかもしれません。

  • 【6】「こんなことなら○○君(相談相手)を好きになればよかったな。」とそれとなく好意を伝える。

    「告白ではないけど、好意は絶対伝わる。」(10代女性)のように、相談相手の男性を好きになればよかったと伝える女性もいます。相手の男性が好意を持っていれば、「じゃあ好きになってよ。」と応えてくれるかもしれません。

  • 【7】「いつも相談に乗ってくれたお礼に何かごちそうするね。」と言って食事に誘う。

    「『お礼に』と理由を添えれば、二人で会いやすい。」(20代女性)のように、相談のお礼に食事に誘う女性もいます。相談のお礼と言えば、男性も気楽に付き合ってくれそうです。

  • 【8】「お酒を飲みながら話してみたいかも。」とお酒の場に誘う。

    「お酒の力を借りたら勇気が出そう。」(20代女性)のように、男性をお酒の場に誘い出す女性もいます。お酒の力を借りれば、好きになったことを打ち明けられるかもしれません。

  • 【9】「私、○○君に支えられてるって気づいたの。」と気持ちを伝える。

    「なくてはならない存在だと伝えたいので。」(20代女性)のように、その男性がいかに大切かを伝える女性もいます。自分が大切な存在と気づいた男性は、恋愛対象の女性として真剣に考えてくれるようになるかもしれません。

「相談に乗ってもらっていた男性を好きになったとき、一歩踏み出すための一言」には、他にどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock