気になる男性からメールアドレスを聞き出すキッカケ8パターン


気になる男性がメールアドレスを教えてくれるのを待っていても、なかなか思い通りにはいかないこともあるようです。では、どうすれば男性から自然にメールアドレスを聞き出すことができるのでしょうか。そこで今回は、「気になる男性からメールアドレスを聞き出すキッカケ」をご紹介します。

  • 【1】「そういえばアドレス知らないよね」と、会話の途中で思い出したように切り出す。

    「会話の途中なら相手も改まったりしないので、気負わず聞けます」(20代女性)など、何かのついでのようなタイミングなら、堅苦しくならないようです。仕事の予定や趣味のことを尋ねたついでなら、不自然な流れにはならないでしょう。

  • 【2】「今度飲みに行きましょうよ」と誘い、いい返事をもらった上でアドレスを聞く。

    「用事があれば聞きやすいし、飲み会なら相手も気軽に応じやすいと思う」(30代女性)といったように、先に会う約束を取り付けてしまうのもいいようです。男性の趣味に合わせたお店に誘えば、いい返事をもらいやすいでしょう。

  • 【3】「ちょっと相談があるんだけど、今度メールしていい?」と言ってアドレスを聞く。

    「相談って言うと、みんな気にせず教えてくれますよ」(10代女性)といったように、相談と聞くと力になろうとしてくれる男性は多いようです。ただし、あまり重い話題を切り出すと、面倒な女性というイメージを与えかねないので、注意が必要でしょう。

  • 【4】「ちょっと今度○○教えてほしいんだけど」と、頼み事をキッカケにする。

    「連絡する用件も決まっているので、聞いた後メールしやすい」(20代女性)といったように、頼み事はメールのやり取りにつなげやすいようです。男性の得意分野などについて質問し、その話の流れの中で切り出すといいでしょう。

  • 【5】相手の趣味など、知りたがっている情報について「お店の場所をメールしようか?」と切り出す。

    「後で男性のほうからお礼メールが来ることもあります」(30代女性)など、自分から親切に接すれば、男性からメールをもらうキッカケにもなるようです。具体的な情報を知らなくても、「何か見つけたらメールするね」と協力を申し出ても、同様のキッカケになるでしょう。

  • 【6】「今撮った写真送るからアドレス教えて」と、ケータイで撮った写真をキッカケにする。

    「あまり断る理由がないと思うので、聞きやすいです」(20代女性)など、具体的なデータのやり取りなら、男性も深く考えずに教えやすいようです。数人での集まりなら、その場で写真を撮ることに抵抗を感じる人も少ないでしょう。

  • 【7】「スマートフォンにしようと思うんですよ」などと、ケータイに関する話題をキッカケにする。

    「お互いケータイを出しながら話していれば、いいキッカケになります」(20代女性)といったように、ケータイを意識する環境を作れば、メールアドレスの話題につなげやすいようです。「スマートフォンってアドレスどうなるんですかね?」など、アドレスに関する質問も有効でしょう。

  • 【8】飲み会などの幹事を引き受け、「このアドレスにみんなメールして」と他の人とまとめてゲットする。

    「他の人と一緒なら、恥ずかしい思いをすることもないので」(20代女性)など、他の人も自然に巻き込めば、気負わずにメールアドレスを聞くことができるようです。引き受けた仕事について相談メールなどを送れば、スムーズにやり取りできるでしょう。

他にも「気になる男性からメールアドレスを聞き出すキッカケ」があればぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock