お酒を勧められたときのかわいい断り文句9パターン


転職や進学などで新しい環境に飛び込むと、出会いも増え、飲み会に誘われる機会も増えるでしょう。でも、あまりお酒が強くない女性は、男性からお酒を勧められて困ることもあるのでは? そこで今回は、スゴレン男性読者へのアンケートを参考に「お酒を勧められたときのかわいい断り文句」を探ります。

  • 【1】「お酒弱くて…」と赤い顔で素直に言う。

    「かわいく言われると、かわいそうになる」(20代男性)というように、顔を赤くした女性に強くお酒を勧めることができる男性は少ないよう。お酒を控えているわけではなく本当に弱いということを、言葉と顔色で伝えるといいでしょう。

  • 【2】「今日は楽しくて飲みすぎちゃった」とやんわり断る。

    「楽しんでいるなら、それ以上飲まなくてもいいかも」(20代男性)というご意見多数。多くの男性は女性に楽しんでもらうためにお酒を勧めるので、「今の状態で十分楽しい」ということが伝われば、さらに勧められるケースは少ないよう。強引な勧めに対しては「これ以上飲んだら楽しめない」と言ってもいいかもしれません。

  • 【3】「○○さんこそ飲んでくださいよ」と勧め返す。

    「女の子に勧められたらなかなか断れない」(20代男性)と、男性の本音がチラリ。女性にいいところを見せたいと考える男性は多いので、「お酒を勧め返す」というテクはなかなか使えそうです。「たくさん飲んでくれたら私も少し付き合おうかな」と、ハードルを上げてみてはどうでしょうか。

  • 【4】「こんなに飲めるかな…半分飲んでくれますか?」と不安そうに言う。

    「頼られると嬉しいから、絶対飲む!」(20代男性)という男性は多いので、「半分飲んで」という頼み方は正解だといえそうです。お酒を注いでもらったら、ムリしない程度に飲んで、あとはお酒の強い男性に任せてしまいましょう。

  • 【5】「あんまり飲ませたら酔っちゃいますよ?」と色っぽく言う。

    「そんなセリフ言われてみたい!!」(20代男性)という要望多数! 色っぽく言うことで、「かわいいからお酒なんか飲んでくれなくてもいいや」と考える男性が多いようです。男性を上機嫌にすることもできる、一石二鳥のテクだといえるでしょう。

  • 【6】「もっと○○の話聞かせてください」と話を逸らす。

    「話を聞いてくれると嬉しいから、お酒のことは忘れちゃうかも」(20代男性)というように、お酒の勧めから話を逸らすには絶好の一言だといえそうです。お酒を勧められたら「そんなことより?」と甘えた口調で言ってみるといいかもしれません。

  • 【7】「赤くなるから恥ずかしい」と顔色を理由に断る。

    「恥ずかしいって言われたら、強くは勧められないな」(20代男性)など、恥じらう女性を前に気弱になる男性は多いよう。恥じらう女性をかわいらしく感じるのだと考えられます。うつむき加減で言うなど、かわいさを強調しましょう。

  • 【8】「次のお店で飲めなくなっちゃう」と二次会をエサにする。

    「1軒目で酔い潰れられるより、2軒目も楽しく過ごしたい」(20代男性)というように、楽しい時間をできるだけ長く維持したいという思いは男性も同じ。「キリがいいからお店移動しようか」と、ハッキリ言ってもいいかもしれません。

  • 【9】「別のもの頼んじゃった」とこっそりノンアルコールドリンクを頼む。

    「グラスが空いていると気になるだけ。頼んでいるならそれでよし!」(20代男性)というように、優しい気遣いからお酒を勧める男性も多いよう。その場だけかわして、後でこっそりノンアルコールドリンクを頼んでおけば丸く収まるでしょう。

ほかにも「私はこう断る」というテクがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock