女性に対して「おバカだけどかわいい」と思う瞬間8パターン


男性が好きな女性に対して「おまえバカだなあ」と言うとき、たまらなく愛しいというニュアンスを含んでいることが少なくありません。そこで今回は『スゴレン』の男性読者から寄せられた「女性に対して『おバカだけどかわいい』と思う瞬間」をまとめてご紹介します。

  • 【1】失敗のあと「エヘヘ」と恥ずかしそうに照れ笑いしたとき

    「ミスしても、笑顔で報告されると怒れない」(30代男性)、「『だからおまえは…』と文句を言いながら、『やっぱり俺が守ってやらないと』と思う」(10代男性)など、困ったように女性がはにかむ笑顔には、失敗を帳消しにするパワーがあるようです。

  • 【2】「雷様におヘソを取られる」など、迷信をひそかに信じていることが発覚したとき

    「『親の死に目にあえなくなるから、夜に爪を切っちゃダメ』と真顔で説教された」(20代男性)、「ヘソ出しの服を着た女のコが、雷におびえてお腹を隠す様子をカワイイと思った」(10代男性)など、女性が秘めるピュアさに心を動かされる男性は少なくなさそうです。

  • 【3】言葉の意味などの勘違いを指摘されて、あたふたと訂正しているとき

    「『4月生募集中』というスクール広告に『残念! わたし5月生まれ…』と言う後輩。『勘違いしてない?』と指摘したら、真っ赤になってうろたえ始めた」(20代男性)など、間違いに気付いた女性がオロオロする姿をほほえましく受け止める男性もいるようです。

  • 【4】「忘れ物をする」などドジな行動をからかったら、プンプンむくれてしまったとき

    「『お財布忘れた!』と言う彼女に『サザエさんかよ!』と突っ込んだらむくれてしまった」(20代男性)など、女性のドジな行動をからかいたくなる男性は多いようです。「ムキになるのがかわいいから、わざといじめちゃう」(20代男性)という意見が多数寄せられています。

  • 【5】「電車が急いでくれなかった」など、かわいらしい言い訳をしているとき

    「デートに遅刻してきて、『わたしは早く来たかったんだけど、電車が急いでくれなくて…』って、そりゃそうだろ!」(20代男性)というように、スキだらけの言い訳には、「『まあいいか』と思わず笑った」(20代男性)と男性を脱力させてしまう効果があるようです。

  • 【6】「温かい冷麺を注文する」など、予測不能の行動で笑わせてくれたとき

    「『熱いお茶をフーフーしすぎて冷めちゃった』とガッカリしている女の子に萌えた」(20代男性)、「『あったかい冷麺ありますか?』という発言に大爆笑!」(20代男性)など、予想外の行動を取る女性は、周囲を笑わせてなごやかな気持ちにさせる場合があります。

  • 【7】見栄を張らずにわからないことを素直に聞いてきたとき

    「知ったかぶりせず、『教えてください』と言う女性はかわいい」(20代男性)など、女性の謙虚さを好ましく感じるという意見です。「ちょっとしたことでも『すごーい!』と尊敬されて気分がいい」(20代男性)というのが、多くの男性の本音かもしれません。

  • 【8】「難しいことは苦手だけどがんばる」と、目標に向かって無謀な挑戦をしているとき

    「『勉強は苦手だけど、履歴書に書ける資格がほしい』と猛勉強を始めた彼女の努力に感動」(20代男性)、「自分のレベルを決め付けず、前向きにチャレンジするのってすごい」(20代男性)など、能力の限界に挑戦する女性の姿に胸を打たれる男性は非常に多いようです。

女性のタイプによって、ほかにもさまざまな「『おバカだけどかわいい』と思う瞬間」があると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock