見知らぬ女性といた彼を、後日それとなく問い詰める一言9パターン


クーポンマガジン「ホットペッパー」の連載企画『ひみつの女子会』が女性1011人に対して行ったアンケートによると、約半数の483人が修羅場に遭遇した経験があるそうです。原因の多くは彼の浮気ですが、だからと言って、彼が女性といるだけで浮気と決めつけるわけにもいきません。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんに、見知らぬ女性といた彼を、後日問い詰めるにはどうしたらいいか教えてもらいました。

  • 【1】「この前○○(目撃現場)で見かけたよ?。」と一緒にいた女性のことは触れずに話す。

    「女性と一緒だったことを隠したら怪しい。」(20代女性)のように、一緒にいた女性のことは触れずに話をして様子を見るパターンです。彼が他の女性と一緒だったことを隠す場合は、浮気の疑いがあるかもしれません。

  • 【2】「○○日の○○時ってどこにいた?」と聞き、ウソをつかないか確かめる。

    「浮気ならウソをつくと思う。」(20代女性)のように、目撃した日時に何をしていたのか探りを入れる女性もいます。彼がウソをついたら、何か後ろめたいことがある証拠かもしれません。

  • 【3】「この前、○○(目撃場所)でそっくりな人を見たの。」と言って、彼の様子を見る。

    「知らないフリをしたら怪しいと判断。」(20代女性)のように、「彼にそっくりな人」を見たという前提で話をする女性もいます。彼がシラを切ったら、「なんでウソつくの?」と詰め寄ってみましょう。ウソを見破られて、言い逃れができなくなるかもしれません。

  • 【4】「女友達いたのね。私にも紹介してよ。」と、一緒にいた女性を紹介するようお願いする。

    「それで彼の目が泳いだら追及します。」(20代女性)のように、一緒にいた人を紹介するよう促す女性もいます。それを聞いて彼が慌てた場合は、関係を探る必要がありそうです。「なぜ紹介できないの?」と追い打ちをかければ、理由を教えてくれるでしょう。

  • 【5】「この前一緒にいた女の子、可愛かったねー。」と一緒にいた女性を褒める。

    「『ギクッ!』ってしたら怪しい。」(10代女性)のように、彼と一緒にいた人を褒めて、様子を見る女性もいます。彼が焦ったら、「あれは誰?」と問い詰めてみましょう。すぐに答えられない場合は、浮気と疑っていいかもしれません。

  • 【6】「誰かと一緒だったから話しかけづらかったよ。」とそのとき間近にいたことをアピールする。

    「すぐ近くにいたと言えば、ウソをつけないはず。」(20代女性)のように、そのとき話しかけられるほど近くいたとアピールする女性もいます。間近で見られていたことを知った彼は、素直に説明してくれるでしょう。

  • 【7】「女の子と一緒にいたところを見たらしいよ。」と友達の目撃情報として話す。

    「言い逃れしやすいので、逆にボロが出そう。」(20代女性)のように、友達の目撃情報として真実を探る女性もいます。「人違いじゃない?」などとごまかしたら、「ゴメン、本当は私が見てた。」と言って、ごまかす理由を聞き出しましょう。

  • 【8】「勘違いだったらごめん。」と前置きして、「一緒にいた女の子は誰?」と質問する。

    「疑っていることを素直に伝えてから問い詰めます。」(20代女性)のように、怪しんでいることを謝った上で、彼を問い詰める女性もいます。彼が浮気していなくても、「勘違いだったらごめん。」という前置きがあるので許してもらえそうです。

  • 【9】「浮気する人ってありえない。どんな神経してるんだろ。」と彼の前でつぶやく。

    「独り言に思わせるのがポイント。」(20代女性)のように、目撃したことは伏せて、彼の前で自分の本心をつぶやく女性もいます。つぶやきを聞いた彼は、自分以外の女性と二人で会うのをやめてくれるかもしれません。

他にはどんな「見知らぬ女性といた彼を、後日それとなく問い詰める一言」があると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock