彼氏に禁煙をお願いするときの一言9パターン


「タバコをやめてほしい!」と、喫煙者の彼氏にイライラしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、ケンカ腰で禁煙を共用するのではなく、彼氏が前向きに禁煙を考えたくなるような言い方を検討したいところです。そこで今回は、スゴレンの男性読者に行ったアンケートの結果を参考にして、「彼氏に禁煙をお願いするときの一言9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「タバコを吸ったらキスしないよ」と、口臭を嫌がる。

    「キスをしても喜ばれないのはヘコむ」(20代男性)など、口臭を指摘すると男性は動揺するようです。やみくもに突き放すと愛情を疑われるので、「タバコの匂いが苦手だから」など、説得力のある理由を言えば前向きに考えてもらえるでしょう。

  • 【2】「あなたが先に病気で死んじゃったら、私はどうすれば良いの?」と健康を心配する。

    「真剣に心配されると弱る」(30代男性)など、心から健康を心配されると胸を打たれる男性もいるようです。タバコが健康を脅かすことの具体的なデータを用意して、説得力を持たせるようにしましょう。

  • 【3】「あなたにタバコは似合わないよ」と女性の視点を伝える。

    「モテなくなるのは困る…」(20代男性)など、女性からのイメージダウンを示唆すると焦る男性もいるようです。落ち込ませないように、「禁煙すれば完璧だよね」など、男性の自尊心を傷つけないような言い方を意識しましょう。

  • 【4】「1年以内だったらやめられる?」など、長期的な禁煙までの猶予を提案する。

    「長期で考えるとハードルが下がる」(30代男性)など、わりと簡単に禁煙を約束させることができるようです。なお、「あと3カ月だね」と言うなど、徐々にカウントダウンして約束を忘れさせないようにすることがポイントとなります。

  • 【5】「○○君も禁煙できたんだから、あなたもできるでしょ?」と、他の男性と比較する。

    「比べられるとムカつくけど、負けるわけにはいかない」(20代男性)など、男性のプライドを刺激することができるようです。彼氏が尊敬している先輩の名前を挙げれば、スムーズに納得してもらえるでしょう。

  • 【6】「禁煙した分を貯金して、旅行に行こうよ!」と新しいお金の使い道を提案する。

    「目標ができると禁煙を始める気になる」(20代男性)など、健康面ではなく、金銭面を理由に禁煙を始める男性もいるようです。「お金のムダ!」など否定的なことは言わずに、「一緒に貯金して、旅行に行こう」と言うなど、前向きな提案によって男性のヤル気を引き出すことができるでしょう。

  • 【7】「私はダイエットするから、あなたは禁煙して」と、自分も努力することを伝える。

    「競争感覚で禁煙を楽しめそう」(30代男性)など、目標を共有することでヤル気になる男性もいるようです。具体的な数値や期限を決めるなど、モチベーションが上がるような目標を立てることがポイントです。

  • 【8】「うちの両親、タバコが大嫌いなんだよね…」と第三者の評価を告げる。

    「彼女の身内から嫌われると思うと辛い」(20代男性)など、彼女の両親に嫌われることを恐れる男性も多いようです。お互いに結婚を意識している場合に、より効果的な説得になるでしょう。

  • 【9】「禁煙してくれないと嫌いになっちゃうよ!」と、あえて脅す。

    「理不尽だと思うけど、背に腹は代えられない」(20代男性)など、「別れ」という最後通告を出すことで男性を本気にさせることができるようです。リスクの高い方法ですが、「絶対に禁煙してほしい」という思いは伝わるでしょう。

他に、「彼氏に禁煙をお願いするときの一言」には、どんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock