「都会の女は凄いな」と、軽く引いた瞬間9パターン


進学や就職を機に地方から都心に引っ越してきたばかりの男性は、いわゆる「都会の女」との価値観の違いにショックを受けることがあるようです。ささいなことでも「合わない」と思われると、なかなか恋愛関係には発展しにくいものです。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行ったアンケートの結果を参考にして、「『都会の女は凄いな』と軽く引いた瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】気軽なボディータッチなど、異性に対するノリが良いとき

    「男慣れしてると思うから」(10代男性)など、洗練された「軽いノリ」に不信感を抱くようです。控えめな男性にはおしとやかなキャラで接するなど、相手の雰囲気に合わせてコミュニケーションの強弱を変えると良いでしょう。

  • 【2】近距離でタクシーに乗るなど、金遣いが荒いとき

    「普通に歩いて行けるのに、タクシーを使うのはありえない!」(20代男性)など、贅沢なお金の使い方に違和感を持つようです。「待ち合わせに遅れそうだから」と言うなど、自分なりに「ムダ遣いではない」ことをアピールしておきたいところです。

  • 【3】交際経験が豊富なことを自慢されたとき

    「モテ自慢されると近寄りがたい…」(20代男性)など、「都会にもまれた女=自分には手に負えない」と思われることがあるようです。「男に貢がせた」的な濃厚なネタは控えて、「デートは遊園地に行きたい」などのピュアな恋愛トークに留めた方が良さそうです。

  • 【4】朝まで遊びまわるなど、夜の時間感覚が異なるとき

    「女性が深夜に遊びまわるのは信じられない…」(10代男性)など、夜行性の女性にショックを感じる男性もいるようです。飲み会やデートである程度盛り上がっても、男性から2次会などに誘われない限りは、終電までに解散するようにした方が良いでしょう。

  • 【5】電車の乗り換えや接続パターンに詳しいとき

    「いかにも都会人っぽくてビビる」(10代男性)など、移動手段の知識に長けているだけで男性から恐れられることもあるようです。都心の交通に不慣れな男性が引け目を感じないように、優しくレクチャーしてあげましょう。

  • 【6】虫を触ったことがないと言われたとき

    「いくらなんでも軟弱すぎる」(10代男性)など、育った環境の違いに驚く男性もいるようです。その感覚の違いを逆手にとって、あえて虫嫌いをアピールすれば男性が「守ってあげよう」と思ってくれるかもしれません。

  • 【7】化粧を落とすと別人のような顔になるとき

    「都会の女は詐欺師ばっかりなのかと思った」(20代男性)など、洗練された化粧のテクニックに驚愕する男性もいるようです。すっぴんを見せる前に「驚かないでね」と言うなど、早い段階で心の準備をさせてあげると良いでしょう。

  • 【8】早口の標準語で悪口を言っているとき

    「ただでさえ標準語に慣れないのに、悪口を言っていると冷たく感じる」(10代男性)など、言葉遣いは違和感を持たれやすい要素です。丁寧な言葉で話すのはもちろん、スローテンポを意識して会話が一方通行にならないように注意しましょう。

  • 【9】歩くスピードがものすごく速いとき

    「都会の女性はみんな怒ってるの?と不思議に思った」(10代男性)など、歩くスピードが速いことを疑問に思う男性もいるようです。男性に突っ込まれた場合は、「仕事柄、歩くのが速くてごめんね」と謝るなどのフォローを入れておきたいところです。

他には、どんな瞬間に男性は「都会の女は凄いな」と思うのでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock