恋愛対象外になりがちな女性のキャラ9パターン


「美人でいい子なのに彼氏ができない…」と、女友達のなかで疑問の声が上がる女性がいます。あなた自身がそうなっていたら大変! そこで今回は、スゴレン男性読者へのアンケートを参考に「恋愛対象外になりがちな女性のキャラ」をご紹介します。

  • 【1】女を捨てても笑いを取る「お笑い系」

    「面白い子は好きだけど、盛り上げ役に徹されると異性として見られない」(20代男性)というように、お笑い系の女性は「いい友達」に見られがち。ただし「ふたりきりになると女性らしい」というようなギャップがあれば、逆にチャームポイントにもなるでしょう。

  • 【2】アニメやネットに詳しい「萌え系」

    「あまりにも趣味の世界に浸っている子は付き合いづらそう」(20代男性)というように、オタク趣味の女性は敬遠される傾向にあるようです。ただし、同じ趣味を持つ男性なら話は別。ターゲットを絞ると、途端に「モテ子」になれるかもしれません。

  • 【3】チャラチャラした「ギャル系」

    「ギャルはちょっと怖いし、話が通じないんじゃないかと思う」(20代男性)というように、チャラチャラしたイメージから及び腰になる男性が多いよう。会話の中で知性を感じさせたり、家庭的な面を見せたりすることができれば、そのギャップにキュンとする男性もいるでしょう。

  • 【4】心も体もたくましい「体育会系」

    「体育会系のノリについていけないかも…」(20代男性)と、特に文化系男子は体育会系女子を避けがち。警戒心を解くためにも、初対面ではいつものノリを封印し、女性らしく振舞いましょう。自分の思い過ごしだったことがわかれば、本当のあなたを見てくれる男性も増えるかもしれません。

  • 【5】自虐ネタが痛い「不幸キャラ」

    「自虐ネタは面白いけど、不幸な女性とは一緒にいたくない」(20代男性)というストレートなご意見も。男性には「この女性と付き合えば幸せになれる」と思わせることが大切なので、意中の男性の前ではできるだけポジティブな話題を選びましょう。

  • 【6】恋愛に対して積極的すぎる「肉食系」

    「ガンガン攻めてこられると引いてしまう」(20代男性)という男性多数。恋愛に対して消極的な「草食男子」が多いこのご時世では、「肉食女子」が敬遠されてしまうようです。消極的なタイプの男性に対しては、少し手加減したほうがいいかもしれません。

  • 【7】男心を弄ぶ「小悪魔系」

    「手玉に取られそうで怖い」(20代男性)というように、女子力全開の小悪魔系に恐れをなす男性は多いよう。「騙されるかも…」と不安になる男性もいるようです。小悪魔イメージのある人は、「実は一途」など、イメージが変わる可能性のある発言をしてみてはどうでしょうか。

  • 【8】男性よりも頼もしい「姉御キャラ」

    「完全にお姉様って感じ。頼れる女性を好きにはならない」(20代男性)というように、頼りがいがありすぎると、男性は男らしさを発揮する機会がなくなるため、恋愛感情を持ちづらいようです。何でも一人でやろうとするのではなく、たまには男性に頼ってみると新しい展開があるかもしれません。

  • 【9】本音が見えない「天然キャラ」

    「いわゆる『不思議ちゃん』は何を考えているかわからないから扱いに困る」(20代男性)というように、男性は振り回されることを嫌うようです。天然っぽい傾向のある人は、知性を感じさせる会話で、常識があることをアピールしてみてはいかがでしょうか。

さまざまな理由で男性から「恋愛対象外」とみなされてしまうようです。ほかにも「こんなキャラの女性がモテない」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock