カフェにおいて、男性に「可愛い!」と思われる仕草9パターン


デート中の休息スポットとしてカフェは定番。リラックスしながら向き合って座れるため、普段よりも女の子のことをじっくり見つめてしまう男性も多いでしょう。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行ったアンケートの結果を参考にして、「カフェにおいて、男性に『可愛い!』と思われる仕草9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】ホットドリンクを切なげな表情で「ふーふー」と冷ましているとき

    「どんな女の子でも、2割増しで可愛く見える気がする」(10代男性)など、「ふーふー」の仕草には一瞬だけ男性を惑わせる作用があるようです。うっかり下唇を突き出すと変顔になる可能性が高いですが、キスの顔をイメージしながらやさしく息を吹きかけると良いでしょう。

  • 【2】ホットドリンクに砂糖を入れながら、「フンフン」と鼻歌をうたっているとき

    「ドリンクをおいしくするための魔法をかけているっぽい。萌え!」(10代男性)など、女の子のゴキゲンな鼻歌を聞くと、男性は軽く頭がオッパッピーになるようです。もちろん、本気モードの鼻歌は周囲からアホに見られることもあるので、ボリュームには注意が必要です。

  • 【3】大好物のスイーツを選びかねて、「どうしよう」と軽くテンパっているとき

    「テンション上がりすぎで、微笑ましい」(20代男性)など、スイーツ選びにマジになっている様子が男性には可愛く見えるようです。眉間にしわを寄せて考え込むと不機嫌に見えるので、笑顔で「どれもおいしそう?」と言うなど、「嬉しい悩み」であることをアピールしましょう。

  • 【4】「し、あ、わ、せ?」と、嬉しそうな表情でスイーツを食べているとき

    「幸せそうな顔を見ると、こっちも嬉しくなる」(20代男性)という相互作用があるので、スイーツを食べるときは男性に「とっておきの笑顔」を見せてあげたいところです。ダイエット中の人も、後ろめたさを振り切って素直に喜んでしまいましょう。

  • 【5】飲み物のカップを両手で持っているとき

    「華奢な指にドキッとする」(20代男性)など、マグカップなどを片手で持てないことに男性は「女性らしさ」を垣間見るようです。飲み物だけでなく、サンドイッチなどのフードを食べるときも両手持ちを意識すると良いでしょう。

  • 【6】飲み物で唇がツヤツヤになっているとき

    「唇のツヤが強調されてセクシーに見える」(10代男性)など、男性は口元にも注目しているようです。唇についたカプチーノの泡を舌でペロッとなめたり、アヒル口にするなど、さりげない口技のコンボで男性の目をくぎづけにしてしまいましょう。

  • 【7】飲み物の予想外の熱さに、「あちっ!」と慌てているとき

    「悩ましげな表情が微笑ましい」(20代男性)など、癒し系のアクションとして支持されるようです。確実に男性の注意を引きつけるために、はっきり「あちっ!」と発音するのがポイントです。

  • 【8】カップで飲み物を飲みながら、上目づかいでこっちを見てきたとき

    「チラッとこちらを見たときの表情が可愛い」(10代男性)など、自然に上目づかいがキマることがポイントのようです。じっと見つめると気味悪く思われることもあるので、軽く目を合わせる程度を意識すると良いでしょう。

  • 【9】「それ、一口ちょうだい」と言ってきたとき

    「親近感を持てるし、無邪気っぽい感じが可愛い」(20代男性)など、男性を和ませることができるセリフのようです。カフェでは、あえて男性と違うメニューを頼めば、スムーズに「一口ちょうだい」と言うことができるでしょう。

他にはどんな瞬間に、カフェにおいて女の子が可愛く見えるのでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock