デート中、マイペースな女性にイラッとする瞬間9パターン


デートにおいて、男性は少なからず「自分の計画通りに女性をリードしたい」と思っているものです。だからこそ、ささいな事で女性にもたつかれると、無性にイラッとする男性もいるようです。最悪の場合、「空気が読めない女」と思われる恐れがあります。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行ったアンケートの結果を参考にして、「デート中、マイペースな女性にイラッとする瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】近くで待っているのに、メイクに時間をかけまくっているとき

    「準備に時間かけすぎ!」(10代男性)というように、男性は女性のメイクの完成度よりも、素早く出かけることを重視したいようです。自己チューだと思われないためにも、男性を待たせているときは身支度を手短に済ませた方が良いでしょう。

  • 【2】意見を聞いても「あのね?」、「えっとね?」と、うわのそら状態のとき

    「ヤル気が感じられない!」(20代男性)など、会話のスピードが遅すぎるとデートへの意気込みを疑われてしまうのが怖いところです。テンポ良く話すのはもちろん、笑顔で話すことを心がけて誤解を与えないようにしましょう。

  • 【3】駅で財布や定期券を取り出すのに手間取っているとき

    「『ドジだな』と、あきれる…」(20代男性)など、予測可能な場面でミスをすると残念な印象を与えてしまうようです。不覚にも手間取りそうな場合には、「ちょっと待って」と断りを入れることで男性のイラつきを避けることができるでしょう。

  • 【4】レストランでいつまでもメニューを決められないとき

    「少しは注文のタイミングを揃えようとしてほしい」(20代男性)など、空気が読めていないと思われるリスクがあるようです。優柔不断な人はお店のオススメ料理を頼むなど、アレコレ悩まなくても済むような作戦を用意しておきましょう。

  • 【5】食事をゆっくりすぎるペースで食べているとき

    「子供じゃないんだから!」(10代男性)など、食事のペースが遅すぎると集中力に欠ける印象を持たれるようです。満腹のときは潔く料理を下げてもらうなど、「ダラダラ食べている」と思われないように注意しましょう。

  • 【6】会計も済み、レストランを出る間際にトイレに行きたいと言い始めたとき

    「言い出すタイミングが遅すぎ!」(30代男性)など、空気が読めない女だと思われるリスクがあるようです。「もよおしてない」と思っても、会計の前にトイレに行っておいた方が、お互いに困らなくて済むでしょう。

  • 【7】混雑した街なかで、ひとりだけ歩くのが遅いとき

    「ちょっと自由人すぎる!」(20代男性)など、マイペースを貫きすぎだと思われる可能性があるようです。「ハイヒールだから歩くのが遅いかも」と言っておくなど、事前に男性の理解を得ておけばフォローしてもらえるでしょう。

  • 【8】映画を観ているとき、笑うタイミングが周囲からワンテンポ遅れているとき

    「一緒にいるのが少し恥ずかしくなる」(10代男性)など、感性の鈍さを疑われてしまうようです。男性をビックリさせないように、早い段階で笑いのツボが違うことなどを伝えておくと良いでしょう。

  • 【9】コートや靴の着脱でもたついているとき

    「相手を待たせていることに気づいてくれ!」(20代男性)など、ちょっとした油断が男性をイラつかせることもあるよいうです。あえて「ゴメン、ちょっと待って」と軽く謝るなど、謙虚な姿勢を見せればカワイイと思ってもらえるでしょう。

他には、デート中のどんな瞬間に男性はマイペースな女性にイラッとするのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock