「デートに誘いづらい…」と男性を臆病にさせてしまう女性の振るまい9パターン


周りから「けっこうモテそうなのに、どうして浮いた話がないの?」と言われたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。もしかしたらそれはあなたの言動が男性を萎縮させているのかもしれません。スゴレンの男性読者に「すごく魅力的なのに『デートに誘いづらい…』と感じてしまう女性の振るまい」について意見を聞いてました。

  • 【1】男性と視線をあわせない。

    「まったく視線をあわせてくれないと100%こちらに興味がないんだなと自信がなくなる」(10代男性)というように、アイコンタクトは大切です。誰彼かまわず視線を送ると余計な誤解を招きますが、気になる男性くらいはたまに見つめてみましょう。

  • 【2】質問に対して一言で済ますなど、会話の返事が素っ気ない。

    「普通だったら嫌われてると思いますよね」(20代男性)というように、まずは会話が続かなければデートのお誘いまで展開するわけがありません。たとえ話下手だとしても、少なくとも振られた話題を相手にも返すなどして、まずは会話のキャッチボールを心がけましょう。

  • 【3】恋愛の話題になると急にコメントが少なくなる。

    「そこはタブーなのかと思って、デートの誘いなんかもってのほかですよ」(30代男性)というように、恋愛話になると途端に口数が少なくなるのも男性を萎縮させるパターンです。あまり話したくない場合は「恥ずかしいから言えません」などといった納得できる口実を用意しておきましょう。

  • 【4】一人で充実した日々を過ごしていることをアピールする。

    「一人で週末を楽しく過ごした様子とか、一人旅の話を語られると、デートの誘いなんて邪魔かな、なんて思っちゃう」(20代男性)というように、あまりに自己完結している生活だと男性がアプローチする隙を感じられないようです。「たまには誰かと行きたい」といったコメントを付け加えるだけでお誘いが増えるかもしれません。

  • 【5】いつも忙しそうにしている。

    「仕事やプライベートが忙しいアピールをされると、デートする暇なんて一切ないんだなと思う」(30代男性)というように、時間がない発言や疲れている発言もまたデートのお誘いを遠ざけるようです。「こんな生活じゃ絶対彼氏なんてできないよね?」などとカマをかけてみるのも良いかもしれません。

  • 【6】礼儀正しくて美人で隙がなさすぎる。

    「何度も会って気心が知れてるはずなのに、いつまでも言葉使いが丁寧で全然心を開いてくれない」(20代男性)というように、特にビジネスの場でありがちな、男性が踏み込めないパターンです。また、ファッションやメイクが完璧だとさらに難易度が高そうに見えるようです。そんなつもりがなければ、たまにはプライベートなことなどを話してみると良いでしょう。

  • 【7】滅多に笑顔を見せない。

    「すごく美人で素敵なんだけど、基本的に笑ったところを見たことがないからデートに誘っていいものかどうか、とにかく怖い」(20代男性)というように、女性がほとんど笑顔を見せないと男性はおののいてしまうようです。笑顔に自信がなかったり、笑顔をあまり見せたくない人は、クールな表情のまま冗談を言ってみるなどして、怖さを和らげてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】常に女性グループと一緒にいて誘うチャンスがない。

    「可愛い子にありがちだけど、いつも仲良しグループに囲まれてて、一人の時がない」(10代男性)というように、女性同士でつるむことが多いために男性がまったく会話のチャンスが掴めないパターンです。意図的に一人のタイミングを作るのもあざとすぎますが、たまには一人で行動してみても良いかもしれません。

  • 【9】学校や職場の付き合いに積極的に顔を出さない。

    「集まりに顔を出さないので、仲良くなりようがない」(20代男性)というように、仕事や学業とプライベートをはっきりと分けてしまうがために、なかなか男性があなたのことを深く知ることができないというパターンです。毎回付き合いに参加する必要はありませんが、たまには顔を出してみてはいかがでしょうか。

他にはどのような「『デートに誘いづらい…』と男性を臆病にさせてしまう女性の振る舞い」があるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)
Photo:All images by iStock