周囲の男性に恋を応援してもらえる行動9パターン


周囲の男性が味方になってくれると、恋の成就に結びつくこともあるようです。では、どうすれば男性は女性の恋を応援したくなるのでしょうか。そこで今回は、「周囲の男性に恋を応援してもらえる行動」をご紹介します。

  • 【1】相手のどこがどう好きかなど、好きな人への一途な想いを伝える。

    「本当に相手を好きなことがわかると、思わず応援したくなる」(10代男性)といったように、一途な想いを伝えることは、男性の共感を呼ぶようです。話す際は、相手の見た目よりも内面について触れたほうが男性の印象は良いでしょう。

  • 【2】相手になかなか話しかけられない話などで、恋に不器用な自分をさらけ出す。

    「誤解されたり、遠慮したりしている子を見ると、力になりたいと思う」(30代男性)など、聞いている側がはがゆくなるような話を打ち明けることで、男性もなんとか恋が報われるよう親身になってしまうようです。ただし、いつまでも何もせずに立ち止まっていると、周囲の応援熱も下がってしまう恐れがあります。

  • 【3】うまくいかないことがあっても、明るく笑顔を絶やさない。

    「健気な感じがして、うまくいってほしいと願ってしまいます」(20代男性)といったように、どんなときでも明るい女性に男性は人間的な魅力を感じ、力になりたいと思うようです。つらい状況を周囲に打ち明けるときも、笑顔を忘れないようにしましょう。

  • 【4】「相手には他にも仲のいい女の子がいるようだけど、どうしたらいい?」など、具体的な相談をする。

    「漠然と『どうしよう』なんて言われても、反応に困るので」(20代男性)など、話が具体的であれば、男性も相談に乗ろうという気持ちになるようです。一緒に作戦をたてるなど、男性が協力者として考えてくそうな話題を振るのもいいでしょう。

  • 【5】「女の子から誘われたらどう思う?」など、参考に男性の心理を尋ねてみる。

    「男心ならいくらでも話せると思う」(10代男性)といったように、男性が積極的にアドバイスしやすいテーマについて尋ねることで、男性に気持ちよく話を聞いてもらうことができるようです。意見をもらったら、「ありがとう、やってみるね」など、前向きに受け取ったことがわかる言葉を返すといいでしょう。

  • 【6】相手との関係性や恋している期間など、自分の置かれている状況を説明する。

    「具体的な状況がわかると、リアルにイメージできて感情移入してしまう」(20代男性)といったように、恋の詳細を聞くことで、男性の思い入れも強まるようです。状況を伝えるときは、まずは客観的な事実に絞って話すといいでしょう。

  • 【7】男性のアドバイスに対して、熱心に耳を傾ける。

    「しっかり話を聞いてくれていると、こちらもきちんと話そうという気になる」(20代男性)といったように、聞き方ひとつで男性に応援してもらえるケースもあるようです。アドバイスを求めた男性の意見を聞き逃さないように熱心に耳を傾けましょう。

  • 【8】「きっと私のことなんて興味ないと思う」など、ふとしたときに、弱音を漏らす。

    「普段明るい子だったりすると、余計になんとかしてやりたいと思う」(20代男性)など、弱いところを垣間見ると、男性も心配になって気にかけてくれるようです。あくまでたまに漏らす弱音が効果的なので、普段は強がるくらい、恋愛に対して前向きな姿勢を見せられるといいでしょう。

  • 【9】「彼を応援してあげたいし、支えてあげたい」など、あくまで好きな人を応援している気持ちを話す。

    「自分の気持ちばかりを優先せず、相手のことを思う心に打たれてしまう」(20代男性)といったように、相手の幸せを願う姿に、男性は真剣な気持ちを感じて応援したくなるようです。相手が何をがんばっているかなどの話題だと、応援する気持ちを表しやすいでしょう。

他にも周囲の男性に恋を応援してもらえるような行動があればぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock