彼女の手作り弁当に入っているとうれしいメニュー9パターン


彼女がお弁当を作ってくれたとき、男性はまず「作ってくれたこと」に喜び、次に弁当箱を開けて、中に入っているおかずを見て喜ぶもの。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行ったアンケートの結果を参考にして、「彼女の手作り弁当に入っているとうれしいメニュー9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】彼女が丁寧に握った「おにぎり」

    「普通のごはんよりも手間がかかりそうだから」(10代男性)など、おにぎりを握るのにかけてくれた手間に彼女の愛を感じるからうれしいようです。苦手な具材が入っていて食べられないという事態を避けるために、あらかじめ彼氏の好みを聞いておくと良いでしょう。

  • 【2】彼女のこだわりを味わえる「だし巻き卵」

    「手作り弁当のシンボル的なおかずだから」(20代男性)と、定番メニューとして入っているとテンションが上がるようです。焼き加減や味の加減に失敗すると料理が苦手だと思われることもあるので、事前に練習しておくと良いでしょう。

  • 【3】かわいさを感じる「たこ足ウインナー」

    「ちょっと恥ずかしいけど、グッとくる」(10代男性)など、ウインナーをかわいく仕上げる感性に胸キュンするようです。恋人ゴッコの定番である「アーン」をするにはうってつけのメニューなので、つまようじやフォークを忘れずに添えておきましょう。

  • 【4】たとえ冷凍食品でもうれしい「鳥のからあげ」

    「誰でも美味しく作れるはずだから」(10代男性)など、男子にとって鳥のからあげは「外れナシ」の鉄板メニューのようです。チャレンジングなメニューをメインのおかずに入れるときは、保険として鳥のからあげも入れておけば大失敗は防げるでしょう。

  • 【5】ハイテンションな愛を感じる「キャラ弁」

    「写メを撮ってケータイの待ち受け画面にすると思う」(20代男性)など、視覚的なインパクトがあり、うれしいメニューのようです。色合いをキャラに近づけようとするあまり、添加物を使いすぎたりしないように注意しましょう。

  • 【6】前の晩から仕込んだっぽい「煮物」

    「煮物が入っていると本格派の弁当に見える」(20代男性)など、彼女のこだわりが感じられることがうれしいポイントのようです。しっかりと味のしみ込んだ肉じゃがなど、ご飯のおかずになるメニューを選べば、より一層男性は喜ぶでしょう。

  • 【7】どこを食べても美味しい「三色そぼろご飯」

    「ごはんがおかずになるなんて、お得感たっぷり!」(10代男性)など、変わり種のごはんが入っているだけでテンションが上がる男性もいるようです。三色そぼろご飯をはじめ、海苔弁や混ぜご飯など、ごはんに勝負をかけると他の女子と差が付けられるでしょう。

  • 【8】彼女の実家に代々伝わる特製の「漬物」

    「『とっておき』の一品っぽくて、味わい深いから」(20代男性)など、たとえ脇役でも漬物に心を奪われる男性もいるようです。「おばあちゃんが漬けたんだよ」と言うなど、ミニ情報を教えてあげれば、より一層味わって食べてくれるでしょう。

  • 【9】彩りがカワイイ「フルーツ」

    「女の子っぽくてカワイイし、栄養面の気遣いも感じるから」(10代男性)など、男性はフルーツにやさしさを感じとってくれるようです。ただし、傷みやすい夏場には避けた方がよいでしょう。

他には、彼女の手作り弁当にどんなおかずが入っているとうれしいのでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock