男性に恨みを持たれる別れ方9パターン


どんなに楽しいお付き合いも、終わることがあります。できれば笑って穏便に別れたいものですが、現実にはうまくいかないことも。そこで今回は、スゴレン男性読者へのアンケートを参考に「男性に恨みを持たれる別れ方」をご紹介します。

  • 【1】メールで別れを切り出し、直接会おうとしない。

    「せっかく付き合ってきたのに、最後はメールなんて誠意が伝わらない」(20代男性)という証言多数。言いにくいのは百も承知で、それでもなお本人の口から別れの言葉を聞きたいと考える男性が多いようです。「別れ話は直接言う」のが基本と心得た方がよさそうです。

  • 【2】別れ話もなく一方的に連絡を絶つ。

    「彼女なんだから心配して当たり前。いくらなんでもひどい」(20代男性)という訴えが届いています。一方的に連絡を絶つ行為は、思いやりに欠けた行動といえるでしょう。会いたくない気持ちもあるかもしれませんが、しっかり別れの意思表示をすることで、スムーズに「次の恋」をスタートできるでしょう。

  • 【3】別れ話をする前に他の男性と付き合いはじめている。

    「同時進行は浮気と変わらない」(20代男性)というように、曖昧な関係のまま次のステージに進む女性を非難する男性は多いよう。せめて、他の男性と付き合いはじめていることが相手に伝わらないよう配慮するのが、彼女としての最後の優しさだといえるでしょう。

  • 【4】誕生日など記念日に別れ話を切り出す。

    「大事な日に最悪な話をされると落ち込み具合がハンパない」(10代男性)など、なかにはひどくショックを受ける男性も…。特別な事情がないかぎりは、記念日以前に別れを切り出したほうがいいでしょう。

  • 【5】バレバレの言い訳をして、本当の別れの理由を言わない。

    「わかりきったウソをつかれると一気に冷める」(20代男性)というように、言い訳がずさんだと男性を怒らせてしまうこともあるようです。真実を言うことだけが優しさではありませんが、正直に真実を伝えたほうが、事が穏便に済む場合もあるかもしれません。

  • 【6】ひどい言い合いの結果、ケンカ別れをする。

    「ケンカ別れはしこりが残る」(20代男性)という男性多数。ふたりの思い出の最後がケンカだと、すべての思い出が台無しになることもあるよう。一度は言い合いをしても「言い過ぎてごめん。今までありがとう」程度のメールを送る気遣いがほしいものです。

  • 【7】別れ話で「生理的にムリ」など、捨て台詞を吐く。

    「彼女に『人として』傷付けられると、次の恋愛にも進めなくなってしまう」(20代男性)という気の毒な意見多数。男性は女性が思うより繊細なので、別れ話のときは特に要注意。カッとして捨て台詞を吐くと、想像以上のダメージを与える可能性もあります。

  • 【8】「仕事(勉強)を頑張りたい」など、明らかに本音ではない、恋愛外の理由で別れを切り出す。

    「恋愛は仕事と比べられるようなものじゃないし、本音は違う気がして勘繰ってしまう」(20代男性)など、恋愛以外の理由は、別れの理由として信憑性がないよう。彼氏を疑心暗鬼にさせないためにも、本音を言うか、伝え方にかなり工夫する必要がありそうです。

  • 【9】年齢など、付き合う前からわかっていたことを別れの理由にする。

    「変えようのないことを理由にするなら、最初から付き合うなよ」(20代男性)というように、腑に落ちない気持ちになる男性が多いようです。「自分の気持ちが冷めてしまった」など、別の理由を探したほうが無難かもしれません。

ほかにも「こんな別れが最悪」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock