初対面の男性に悪い印象を持たれる行動8パターン


「きちんと話をしてみると魅力的な女性なのに、初対面の印象はかなりひどかったよ」なんて男性から言われたことはありませんか? 第一印象のせいで損をしているとしたら、これほど不本意なことはありません。そこで今回は『スゴレン』の男性読者から寄せられた『初対面で悪い印象を抱く女性の行動』について、まとめてご紹介します。

  • 【1】いきなり自分の話ばかりする。

    「初対面で自分の話しかしない女性は自己中な印象」(30代男性)というように、一方的な「自分語り」は、相手にとって愉快なものではありません。お互いをよく知る前に「『この人は俺に興味がない』と判断」(20代男性)などと決め付けられては残念なので、気をつけましょう。

  • 【2】必要以上に男性を警戒する。

    「こっちは全然下心なんかないのに、口を開くなり『ジロジロ見ないでください!』と言われてカチンときた」(20代男性)など、過剰な警戒心が原因で、男性との間に不穏な空気が流れてしまったら、双方にとって残念なことです。まずは落ち着いて相手の様子を観察するようにしましょう。

  • 【3】質問しても最低限の受け答えをするのみで、口数が極端に少ない。

    「じーっと黙っている女の子は、何を考えているのか分からない」(20代男性)というように、あまりにも寡黙な女性は、相手を不安がらせてしまいます。「後に『極度の人見知り』と知って大笑い」(30代男性)となってしまえば結果オーライですが、初対面では損をするタイプだといえそうです。

  • 【4】出会ってすぐに説教するなど、初対面なのに遠慮がない。

    「出会って15分で、『これだからアンタは…』と説教された。俺の何を知っているのか」(20代男性)などと、初対面にもかかわらず、あまりズカズカと相手の領域に入り込むのは考えものです。「なれなれしさと親しみやすさは別」(20代男性)ということを肝に銘じておきましょう。

  • 【5】あまりにも身なりに気を使っていない。

    「どんな事情があったのかは知らないが、合コンにノーメイク・ジャージで現れた女性にはドン引き」(20代男性)、「眉毛がボサボサとか、髪の毛がプリンみたいな女性はちょっと…」(20代男性)など、身なりのせいで、女性としての価値を低く見られてしまうことがあるようです。

  • 【6】スラッとした美人なのに、姿勢が悪い。

    「モデル体型の女性が猫背だと『もったいない!』と思う」(20代男性)など、「姿勢」で損をしている女性は少なくないようです。「身長の高さを隠すために背中を丸めるなんてもってのほか!」(20代男性)と考える男性は意外と多いので、身に覚えのある女性は注意しましょう。

  • 【7】声やリアクションが大きすぎる。

    「『マジすか? ギャハハ!』と手をたたきまくって笑う女性は、一緒にいるのが恥ずかしい」(20代男性)というように、ガサツな振る舞いを「迷惑だ」と感じる男性もいます。「下ネタを連発するのもやめてほしい」(10代男性)など、TPOをわきまえない会話も控えるようにしましょう。

  • 【8】「ふーん。それで?」など、やたら高飛車な態度を取る。

    「何を言っても『ふーん、それで?』と答える女。何様だよ!」(20代男性)など、初対面の女性に高飛車な態度を取られ、怒りを覚えたことのある男性は非常に多いようです。たとえそのつもりがなかったとしても、男性から逆恨みされてしまっては元も子もないので、注意が必要です。

女性のキャラクターによって、ほかにもさまざまな「初対面の男性に悪い印象を持たれる行動」があると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock