オナラをしても男性に「カワイイ」と思われる方法9パターン


男女関係において「オナラ」への対応は細心の注意が必要です。とくに、たとえ故意ではなくても女性がオナラをしてしまった場合は、その後の態度を誤ると1発で恋が終わる可能性があるのですから…。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行ったアンケートの結果を参考にして、「オナラをしても男性に『カワイイ』と思われる方法9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「出ちゃった…」と、照れ笑いする。

    「しょうがねーな!と、笑いたくなる」(20代男性)など、スムーズに相手の笑いを誘えることがこのリアクションのメリットです。ちゃんとわかりやすく恥じらうそぶりを見せないと、故意ではないことが伝わりにくいので注意が必要です。

  • 【2】何も言わずに赤面する。

    「かわいそうだから、なかったことにしてあげようと思う」(10代男性)など、男性の同情を誘えるリアクションのようです。爆音&激臭の1発を出したときはさすがに無言では気まずいので、かわいげのあるオナラをしてしまったときに実践すると良いでしょう。

  • 【3】「ごめんなさい!」と素直に謝る。

    「謝られたら『しょうがないよ』って言ってあげたい」(20代男性)など、素直に謝れば寛大に対応してもらいやすいようです。オナラをしたことをストレートに認めることは恥ずかしいものですが、事を荒立てたくない人にとっては、とても安全なリアクションだといえるでしょう。

  • 【4】「お腹の調子が悪くて…」と理由を説明する。

    「暗い顔で言われたら心配になる」(20代男性)と、心配してもらうことでオナラをしたことをウヤムヤにする高等テクニックです。「女の子は便秘になりやすいんだよ…」など、もっともらしい言い訳を付け足せばスムーズに納得してもらうこともできるでしょう。

  • 【5】「私じゃないよ」と、あえて認めない。

    「どんなリアクションをされてもカワイイと思わない」(10代男性)というシビアな意見もあったので、オナラをした犯人だと思われないために、あえて認めないのもひとつの手段です。ただし、二人きりのシチュエーションではまったく説得力がないので注意が必要です。

  • 【6】「ブブゼラ鳴らしちゃった」と冗談を言う。

    「ギャグでごまかそうとするのがカワイイ」(20代男性)など、笑いを誘う姿勢を評価する男性もいるようです。アタマが堅い男性にはドン引きされる可能性が高いので、普段からノリが良くて笑いを重視する男性に言ってみると良いでしょう。

  • 【7】「逃げてー!!」と、相手を気遣う。

    「自分からは逃げづらいから、言ってもらうと助かる」(10代男性)など、男性をホッとさせることができるリアクションのようです。必死すぎると男性に引かれる可能性もありますが、オナラの臭いイメージを残したくないときは積極的に実践したいところです。

  • 【8】「我慢したんだけど…」と、弁解する。

    「悔しそうな感じがカワイイ」(20代男性)など、心優しい男性の同情を誘うリアクションです。トイレに行くために立ちあがった瞬間にオナラが出てしまったときなどに、バツグンの説得力を発揮するでしょう。

  • 【9】「だって人間だもの!」と、開き直る。

    「逆切れ気味に言われたら、笑ってしまうかも」(20代男性)など、開き直ることで笑いを誘う最終手段的なリアクションです。彼氏に強めに突っ込まれたときなど、追い込まれた状況のときに実践すると良いでしょう。

他には、どんな方法でオナラをしても男性にカワイイと思われるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock