急なデートのお誘いをスムーズに断るセリフ9パターン


急なデートのお誘いがあったとき、無下に断るのも気が引けるもの。そこで、今回は「オトメスゴレン」女性読者への調査結果をもとに「急なデートのお誘いをスムーズに断るセリフ9パターン」を紹介します。

  • 【1】「友達と遊ぶ約束してるから」と、先約があることを伝える。

    「先約があればしつこくは誘われないから」(20代女性)など、友達との約束を用いることで、自然な流れで断っている女性は多いようです。どんな状況でも、ウソっぽくない理由として使えそうです。

  • 【2】「今、風邪ひいてるんだ…」と、具合が悪いことを話す。

    「病気といえば、逆に心配して帰してくれる人が多い」(20代女性)というように、具合が悪いことを伝えることで、スムーズに断れる効果が期待できるといえそうです。実際には健康な場合は、体調が悪いように振る舞う必要があるでしょう。

  • 【3】「実家からお父さんが来ているから」と、家族が家にいることにする。

    「さすがに家族の用事があるのを知って、『遊ぼうよ』と無理を言う人はいない」(20代女性)と、すんなり諦めてもらう効果を期待している女性もいるようです。実家住まいの場合は、「家族とご飯食べに行くんだ」などでもいいでしょう。

  • 【4】「ペットがご飯待ってるから」と、ペットを飼っていると話す。

    帰る理由になると同時に、「ペットの世話って、『しっかり者』アピールになる」(20代女性)と、男性からの評価を上げることも視野に入れたセリフといえそうです。「何飼ってるの?」と聞かれても、答えられるようにしておいた方がいいでしょう。

  • 【5】「宅配便が届くから帰らなきゃ」と、帰宅しなければいけない理由を伝える。

    「『今日じゃなきゃダメ』アピールすれば、どうにかなる」(20代女性)と、家に帰らなければいけないことを伝える女性も多いようです。ただし、宅配便を理由にする場合は、一人暮らしという条件が必要でしょう。

  • 【6】「今日は料理教室に行くから、難しいなぁ」と、習い事を言い訳に使う。

    「習い事は日にちを変えられない予定だから」(30代女性)のように、日時をずらせない用事として、習い事を断り文句に使っている女性もいるようです。実際に行っていない場合は、どんな習い事をしているか、ある程度答えられるように考えておいた方がいいでしょう。

  • 【7】「資格試験が近いから勉強しなきゃ」と、優先度の高い用事があることを話す。

    女性の切羽詰まった雰囲気に、男性も「仕方ないなぁ…」と引いてくれるかもしれません。また、「『頑張ってるんだなぁ』って、評価を上げられるかも」(20代女性)と、プラスの評価につなげる効果も期待できるようです。

  • 【8】「今月ちょっと金欠なんだぁ」と、金銭的な理由で断る。

    「行きたいけど行けない」感を演出するセリフです。「『お金ないから、いっぱい働かなきゃ』って、時間がないことも話す」(20代女性)のように、「お金も時間もない」アピールで、男性の「じゃあ奢るよ」の一言をかわす女性もいるようです。

  • 【9】「気になる人がいるから、他の人とは…」と、好きな人がいることを伝える。

    他の男性の存在を匂わすことで、男性に「諦めよう」と思わせる方法といえます。「遠まわしだけど、誘ってきた人は恋愛対象じゃないってことも伝わる」(20代女性)と、デートに誘うこと自体、諦めてもらう効果も狙えるようです。

ほかにも、「急なデートのお誘いをスムーズに断るセリフ」にはどんなものがあるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock