男性がウンザリしてしまう「彼氏が欲しい!」アピール9パターン


何もしなければ彼氏はなかなかできませんが、かといってアピールしすぎても男性は離れていってしまうようです。では、どんなアピールが男性の心を萎えさせるのでしょうか。そこで今回は、「男性がウンザリしてしまう『彼氏が欲しい!』アピール」をご紹介します。

  • 【1】「彼氏ほしい! 彼氏ほしい!」と何度も繰り返す。

    「だんだん笑って話に付き合うのがつらくなるし、がっつき加減にもウンザリ。」(20代男性)など、しつこいアピールは周囲の男性を疲れさせてしまうようです。ふと、「そろそろ、彼氏ほしいな…」とポツリともらした一言のほうが、重みがあると言えます。

  • 【2】「全然出会いがないんだよね。」とため息ばかりつく。

    「どんよりした印象で、それじゃ男性も寄って来ないと思う。」(10代男性)といったように、彼氏がいないことでくよくよするのは悪循環につながるようです。常に笑顔でいれば、男性に健気な印象を与えることができるでしょう。

  • 【3】「誰かかっこいい男の子紹介してよ。」と無理なお願いをする。

    「かっこよければ誰でもいいのかと思うと、友人を紹介する気なんて起きない。」(10代男性)など、男性が協力する気をなくしてしまうようです。まずは自分がかわいい女の子を紹介するなど、男性のやる気を刺激するような行動がともなうといいでしょう。

  • 【4】「○○(芸能人)みたいなイケメンに出会えないかなー。」と理想ばかり語る。

    「身の程をわきまえてない。こんなこと言っているうちはムリだと思う。」(20代男性)など、男性は妄想じみた理想を聞かされる時間にウンザリしてしまうようです。このような妄想トークは女性同士の楽しみにしておいたほうがいいでしょう。

  • 【5】「彼氏ほしいけど、今さら年収○○万円以下の人とは付き合えない。」とリアルな欲望をぶちまける。

    「性格を疑ってしまう。ガッカリする。」(20代男性)など、条件でしか男性を見ていない女性に幻滅してしまうようです。まずは「優しい人」といった理想を語ることで、出会いの間口を広げたいところです。

  • 【6】「この際、誰でもいいから彼氏がほしいの。」と投げやりな相談をする。

    「彼氏という存在を求めているだけ。失礼だと思う。」(20代男性)といったように、男性の中身に目が向いていない様子にあきれられてしまうようです。「気が合う人だといいな。」など、多少は自分の希望を語ることで、真剣味が男性に伝わるでしょう。

  • 【7】「私の友達はみんな幸せなのに…。」と友人と自分を比べてばかりいる。

    「状況に焦っているだけで、男性を見ていない。」(20代男性)といったように、男性には友人と同じおもちゃをほしがる子供みたいに見えるようです。友人カップルのステキな点など、具体的に憧れるポイントを語れば印象はだいぶ異なるはずです。

  • 【8】「私を好きになる男の人なんていないのかも…。」と自虐的にボヤく。

    「なんか暗いし、話に付き合うのも面倒になる。」(10代男性)といったように、自虐的な発言は男性を暗い気持ちにさせるだけのようです。自信が持てないなら、その点について男性に相談するなど、一人でボヤかず会話を生むことが大切でしょう。

  • 【9】「別に彼氏なんていらないんだけどね。」と強がったことをわざと言う。

    「本当は彼氏がほしい感じが伝わるだけにウンザリする。」(20代男性)といったように、男性には強がりを言っているだけに見えるようです。彼氏がほしいなら、まずは素直に「誰かいい人いないかな。」と、口に出すことも必要でしょう。

皆さんは間違ったアピールをして男性が引いてしまった経験などありますか? ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock