寒い日のデートの待ち合わせで「かわいい」と思われる仕草9パターン


冬空の下、自分のことを待っていてくれる女性に男性は愛おしさを感じるようです。では、どんなたたずまいが男性の「愛おしい気持ち」を高ぶらせるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性の意見を参考に、「寒い日のデートの待ち合わせで『かわいい』と思われる仕草」をご紹介します。

  • 【1】軽くうつむきながら何もせずじっと待っている

    「ずっと自分のことを考えながら待っていてくれたように見えるので…」(20代男性)というように、ただじっと待つ姿は男性の心を打つようです。ゲームなどに没頭していると真摯な印象が薄れてしまうので、スマホは見ないようにしたほうがいいでしょう。

  • 【2】白い息を吐き、不安そうに周囲を眺めながら待っている

    「健気な感じがして、思わず走り寄ってしまいそうになる」(10代男性)など、不安げにキョロキョロする表情が男性の心を揺さぶるようです。相手の姿を見つけたとたんに笑顔になれば、そのギャップでさらに胸キュン効果も高まるでしょう。

  • 【3】マフラーに顔をうずめて待っている

    「とにかくカワイイ。髪の毛も巻き込んでいる感じだとさらにいいと思う」(20代男性)というように、マフラーに顔をうずめる仕草は男性にキュートな印象を与えるようです。顔をうずめた状態から上目遣いに相手を見上げると、そのかわいさも倍増して見えることでしょう。

  • 【4】肩をすくめて縮こまりながら待っている

    「長い間待たせてしまっていた気がして、挽回しようとはりきってしまう」(20代男性)というように、肩をすくめて縮こまる姿は、相手に「待っていた時間」を感じさせるようです。「遅いっ!」と軽く怒ってみても、イヤな気にはさせないでしょう。

  • 【5】両手をさすったり、息を吹きかけたりしながら待っている

    「一途な思いを感じて、抱きしめたくなる」(20代男性)など、両手を温める仕草はいじらしさを感じさせて好評なようです。冷たくなった手を相手の頬に当てたりする行動もかわいらしく映るでしょう。

  • 【6】寒さをごまかすために軽く足踏みしながら待っている

    「『早く来て』と期待されているようで、気持ちが高まります」(10代男性)など、落ち着きのなさを感じさせる動作も、ほほえましく思われるようです。「遅いっ!」と、相手を軽く責めてみるのも、この場合は効果的でしょう。

  • 【7】温かい飲み物で両手を温めながら待っている

    「よほど寒かったんだと思うと、待っていてくれたことにありがたみを感じる」(20代男性)など、温かい飲み物を握って待つ姿も、健気な印象を与えて男性をときめかせるようです。飲み物によって息が白くなるのも寒さの演出に一役買うでしょう。

  • 【8】寒さに負けず背筋を伸ばし、凛とした姿勢で待っている

    「寒いのをやせ我慢してる感じがいじらしくて好き」(20代男性)というように、あえて寒さに耐えることで、存在感が際立つパターンです。鏡やショーウインドウなどを見て、自分の立ち姿を確認してみるといいでしょう。

  • 【9】音楽を聴きながら低い空を見つめるようなまなざしで待っている

    「たそがれている姿にキュンときます」(10代男性)など、音楽を聴きながら遠くを見つめる姿は、叙情的に映ることもあるようです。うつむかず、遠くの建物や空を眺めると、物思いに耽っているように見えるでしょう。

ほかにも男性を萌えさせる「待ち姿」はあるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock