食事中に「育ちが良い女性だな」と思われる振る舞い9パターン


食事中に女性の振る舞いを見て、人間性を判断している男性が多いようです。男性と食事をしているときは、ちょっとした言動を意識するだけで好感度をアップさせることができるでしょう。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行ったアンケートの結果を参考にして、「食事中に『育ちが良い女性だな』と思われる振る舞い9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】好き嫌いなく、主食と副食をバランス良く食べている。

    「しっかり食育されてきたんだなと思うから」(20代男性)など、育った環境をストレートに判断されるようです。男性と一緒に定食やお弁当を食べるときは、ご飯とおかずを同時に食べ終えるように、ペース配分に気をつけたいところです。

  • 【2】背筋をまっすぐに伸ばして座っている。

    「食事を大事にしているように見える」(10代男性)など、食事に対する意識の高さをアピールできるようです。食堂でひとりで食事をしているときも、男性から見られている可能性があるので、ひじをついて食べないなど、常に食べる姿勢に気を配ると良いでしょう。

  • 【3】「いただきます」「ごちそうさま」をしっかりと言う。

    「意外とハッキリ言わない人が多いから」(30代男性)など、出会う確率が低い分、強く印象に残るようです。合コンやデートなど、フランクなシチュエーションで食事をするときこそ、「いただきます」と「ごちそうさま」と言えば、「普段から言っているんだな」と思われるでしょう。

  • 【4】箸を正しく持っている。

    「変なクセがあると目立つから」(20代男性)など、箸の持ち方は減点の対象になりやすいようです。持ち方だけではなく、「迷い箸」「なみだ箸」など、和食でNGとされている作法にも気をつけると良いでしょう。

  • 【5】魚の骨を隅に寄せるなど、食べた後の食器がキレイである。

    「片付ける人への気配りを感じる」(10代男性)など、食事を作った人に配慮する姿勢に育ちの良さを感じるようです。飲食店では食べ終わった皿をテーブルの隅に寄せておくと、育ちの良さをアピールできるでしょう。

  • 【6】ナイフやフォークでカチャカチャと音をたてずに上手に食べる。

    「品の良さを感じるから」(20代男性)など、ナイフやフォークを扱うときの音に注目している男性もいるようです。また、スプーンでスープを飲むときにズズッと音をたてないなど、不快に思われる音を出さないように気をつけましょう。

  • 【7】口の中の食べ物をゆっくり飲み込んでから、しゃべり始める。

    「食べながら会話をされると子供っぽく見える」(20代男性)など、大人としてのマナーを判断されるようです。口に食べ物が入っているときに話しかけられたら、手で口を隠して話すか、ゆっくり飲み込んでから話すと良いでしょう。

  • 【8】味の感想が「ウマイ!」ではなく「おいしい!」と表現する。

    「突発的な言葉に、その人の素が出るから」(30代男性)など、ちょっとした言葉遣いに育ちの良さを感じる男性もいるようです。親しい間柄の男性と食事をするときも、味の感想がくだけた表現になりすぎないように注意すると良いでしょう。

  • 【9】グラスに入っているドリンクを飲むとき、グラスが汚れないように口をぬぐう。

    「意識の高さに驚かされる」(20代男性)など、ワンランク上の教育を受けた女性として認識されるようです。口紅を厚めに塗っているときは、グラスのフチがキスマークでベトベトにならないように、気をつけると良いでしょう。

他には、食事中のどんな振る舞いが「育ちが良い女性だな」と思われるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock