男性の服のセンスがイマイチなとき、それとなく気づかせるセリフ9パターン


楽しみにしていたデート当日。待ち合わせ場所に現れた男性のファッションが残念だった、という経験はありませんか? でもハッキリ伝えてしあうと角が立つ…。そこでオトメスゴレン読者に「男性の服のセンスがイマイチなとき、それとなく気づかせるセリフは何ですか?」というアンケートを取ってみました。

  • 【1】他の男性を指さして「ああいうテイストの服、素敵だよね」と言う。

    「対抗心を燃やしてもらう」(10代女性)というように、他の男性のファッションセンスを褒めて、「それに引きかえこの俺は…」と自分をかえりみてもらう効果のあるセリフです。男性とまったくテイストの違う服装ではなく、あくまでも似合いそうなものを褒めるようにしましょう。

  • 【2】洋服屋に行って「こういう感じの服きっとすごく似合うと思うよ」と提案する。

    具体的に例を示せる上に、あわよくばすぐオシャレに変身させることができるパターンです。ただし、男性が普段行き慣れていない洋服屋に連れて行ったり、懐具合を心配しているような時期に用いると、「場違いだな」「これは買わないといけないのかな?」といったプレッシャーを与えかねないので注意が必要です。

  • 【3】「この帽子の色が○○ならもっと良くなったのに」とどうしても気になる一点だけ触れる。

    「決して否定しないことと、どうしたら良いのかを言うことが大切」(10代女性)というように、気になる一点だけを挙げ「こうすればもっと良くなる」と前向きに提案するパターンです。しかし、どこをどう改善して良いのかわからないコーディネイトの場合は難易度の高いパターンとなります。

  • 【4】「ガッチリしてるから/スリムだから○○が似合う」と体型を褒めながらそれに合う服を薦める。

    「褒められて悪い気はしない。良い方向に持って行く」(20代女性)というご意見もあるように、彼氏の自尊心をくすぐりながら別のスタイリングを提案するセリフです。もっとも、体型にある程度自信がないと通用しませんので、たとえスリムでも「自分はやせすぎている」と男性がコンプレックスに感じている場合などは注意しましょう。

  • 【5】「いつもそんな感じの服だけど、そういうの好きなの?」と相手のセンスを問う。

    面と向かってダメ出しするのではなく、男性に「ファッションへのこだわり」を話させることで、それとなくファッションセンスにNGを匂わせるセリフです。ただし褒められていると勘違いして、ファッションへのこだわりを得意気に語り出す場合もありますので注意が必要です。

  • 【6】「服の好み変わった? 前の方が好きだったけどなー」と落としつつ褒める。

    以前着ていた服を褒めつつ、今の服のセンスにダメ出しするセリフです。以前着ていた服の良かった点について、できるだけ具体的に説明することで説得力が高まるでしょう。「え? じゃあ今日の格好はダメなの?」と彼氏がイジケたときのフォローもお忘れなく。

  • 【7】「それ、何の影響なの?」とお手本が良くないことにする。

    あくまでも本人のせいではなく、男性がファッショのリーダーとして意識している芸能人や漫画のキャラクターなど、お手本が悪いと責任転嫁させられるセリフのパターンです。「憧れるのもいいけど、自分に似合う服の方が良いよ」というフォローをお忘れなく。

  • 【8】苦笑いしながら「今日けっこう個性的だよね?」と自省をうながす。

    「常識的な人ならわかってもらえるはず」(20代女性)というように、「個性的」という遠回しのダメ出しを、軽いトーンで伝えるパターンです。素直に褒め言葉だと受け取る人もいますので、鈍感な男性の場合は、ハッキリと「その服、イマイチ!」と伝える必要があるでしょう。

  • 【9】「おいおい、どうしたんだ今日は? ギャグなんでしょ?」とフランクに冗談ぽく言う。

    冗談ぽく伝えつつ、ハッキリと服がイマイチであることを伝えるパターンです。常にボケとツッコミの応酬をするなど、お笑いを追求するカップルに有効でしょう。ただし、笑っていても、深く傷ついている場合もあるので、男性の突然の感情爆発にご注意ください。

他にはどんな「男性の服のセンスがイマイチなとき、それとなく気づかせるセリフ」があると思いますか? みなさんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)
Photo:All images by iStock