残業中の男性がキュンとしてしまう女性の振る舞い9パターン


残業は心細いもの。そんなときこそ、男性にアプローチするチャンスかもしれません。そこで、今回はスゴレン男性読者へのアンケートの結果をもとに、「残業中の男性がキュンとしてしまう女性の振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】「お手伝いできることはありますか?」と、協力を申し出る。

    手伝ってくれる女性に対して、「『俺のためにわざわざ』って、こっちもやる気が出る」(10代男性)と、感じるようです。気になる男性が忙しそうなときは、「何かしましょうか?」と自ら申し出るといいでしょう。

  • 【2】男性より先に帰る際に、「頑張ってくださいね」と声をかける。

    「さりげない一言に、思いやりとか優しさを感じる」(30代男性)というように、ちょっとした一言でも、男性は意識してしまうようです。気になる男性に、ねぎらいの言葉をかけてあげるのも、効果的なアプローチになるといえそうです。

  • 【3】「これでもう一頑張り!」と、飲み物やお菓子を差し入れする。

    「女性らしい細やかな気配りに、ドキッとします」(30代男性)など、女性からの差し入れにキュンとする男性は多いようです。気になる男性が一人で残業しているときに差し入れすると、より一層ドキッとさせられるでしょう。

  • 【4】男性が席を立った際に、「遅くまでお疲れさま」と書いた付箋をデスクに貼る。

    「俺にしかわからないように、ってところがキュンとくる」(20代男性)という意見から、「二人しかわからない」という部分に男性はドキッとするようです。声をかけることが恥ずかしい女性でも、使えるアプローチ法といえるでしょう。

  • 【5】働きっぷりをねぎらうように、男性の肩をもむ。

    「好意を持ってくれてるって感じるし、スキンシップもドキドキ」(30代男性)というように、積極的な女性にドキドキする男性もいます。女性からの「ねぎらい」と「スキンシップ」で、仕事の疲れが癒されるのでしょう。

  • 【6】不意に男性と目が合ったときに、にっこりほほ笑む。

    ただほほ笑むだけですが、「『頑張って』って言ってくれてる気がする」(20代男性)と、受け取る男性もいるようです。残業という寂しい雰囲気を、笑顔が解消してくれるのかもしれません。もし目が合ったら、ほほ笑んであげるといいでしょう。

  • 【7】「この仕事終わったら、軽く飲みにでも行きましょうよ!」と飲みに誘う。

    「『だったら早めに終わらせよう!』って、気合いが入る」(20代男性)のように、一気にエンジンがかかる男性もいます。残業の先に楽しみがあると頑張れるのでしょう。気になる男性が残業していたら、誘ってみてはいかがでしょうか。

  • 【8】男性が仕事に行き詰まっているときに、他愛もない話をして和ませる。

    「息抜きにもなるし、『この子、周りをよく見てるなぁ』って思う」(20代男性)のように、男性は、女性の何気ない気遣いに関心するようです。ただし、男性が集中しているときは話しかけない方がいいかもしれないので、見極めが大事でしょう。

  • 【9】「雑用やっておくので、先帰ってください」と、鍵閉めや片付けなどを引き受ける。

    「残業後の片付けって面倒なのに、やってくれる人って相当な優しさの持ち主」(20代男性)というように、女性の頼もしさや優しさにキュンとする男性も多いようです。最後にちょっとだけ頑張って、優しさをアピールしてみるといいでしょう。

ほかにも、「残業中の男性がキュンとしてしまう女性の振る舞い」にはどんなものがあるのでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock