寒い冬の日、「カワイイ…」と女の子を凝視してしまう瞬間9パターン


女の子の「寒さに凍える姿」に萌える男性は少なくないようです。では、具体的にどんな仕草が彼らの視線を釘付けにしているのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者に聞いたアンケート調査を参考に、「寒い冬の日、『カワイイ…』との女子を凝視してしまう瞬間」をご紹介いたします。

  • 【1】息を吹きかけて、両手を温めているとき

    「バス停とかで手をフゥフゥしてるのを見ると、『冬が来た…』と実感します(笑)」(10代男性)など、両手を口元に当てて寒さをしのぐ姿は、冬の風物詩として多くの男性に支持されているようです。息が臭そうに見えると台無しなので、まず清潔感のある身なりを心掛けることが前提となるでしょう。

  • 【2】自分のマフラーの中に顔を入れてうずくまっているとき

    「マフラーで顔がぐるぐる巻きになっている光景に萌える」(10代男性)など、マフラーに顔が埋まる勢いで寒がる様子が、男性をたまらない気持ちにさせるようです。マフラーのおかげで相対的に小顔に見える効果も期待できるので、モコモコの素材を選ぶといいでしょう。

  • 【3】ほっぺたが赤くなっているとき

    「少女っぽさが増すのがいいですね」(20代男性)など、寒さで女の子の頬が赤く染まる様子に、ピュアなイメージを抱く人もいます。肌が赤みを帯びやすい人は、ファンデーションの厚塗りで隠そうとするよりも、あえてさらけ出したほうが良いかもしれません。

  • 【4】寒さから耳をかばうために手を当てているとき

    「抱きしめて温めてあげたくなる」(10代男性)など、耳に手を当てて寒さをしのぐ姿は、男性の「守ってあげたい欲」を刺激するようです。両手で両耳をふさぐと、けなげな雰囲気が倍増するでしょう。

  • 【5】カーディガンの袖を指先まで伸ばしているとき

    「いわゆる萌え袖ってやつです。あざといなと思うけど、やっぱり見てしまう(笑)」(10代男性)など、袖をゆるっと引き伸ばして手の甲を隠すような姿は、幼い印象を与えるため、ある種の男性を刺激するようです。だらしなく見えてしまう場合もあるので、仕事中などはやめておいたほうがいいでしょう。

  • 【6】リップクリームやハンドクリームを塗っているとき

    「リップで唇に潤いを与える仕草ってセクシーですよね」(20代男性)など、保湿ケアのために唇や肌に何かを塗る仕草も、男性の視線を集めるようです。人前で堂々とメイクする女性は嫌がられることが多いものですが、リップクリームやハンドクリーム程度であれば、その限りではないでしょう。

  • 【7】温かい飲み物を飲んで、笑顔で「あったかいね」と言われたとき

    「こっちの気持ちがあったかくなる」(20代男性)など、温かいものを嬉しそうに飲む様子も、男性を癒やすようです。一緒にラーメンを食べたときなども、「あったかくて、おいしいね」と笑顔を浮かべて見せると、男性の心も温めることができるでしょう。

  • 【8】冷え切った手を、わざとこちらの頬にくっつけてきたとき

    「ベタだけど、キャーキャー言いながらじゃれ合いたいです」(10代男性)など、寒い日ならではの「かわいいイタズラ」を期待する男性は少なくないようです。ただし、不意打ちでやるとキレられるおそれもあるので、間合いは考えたほうが良いでしょう。

  • 【9】「ううう、寒いよー」と言いながら使い捨てカイロをモミモミしているとき

    「いじらしいというか、そうかそんなに寒いんだねって手を握ってあげたくなる」(20代男性)など、カイロが温かくなるのを待つ姿を「カワイイ!」と感じる男性もいるようです。ガサツに揉むと逆効果なので、ちまちまとした動きに留めましょう。

ほかには、寒い日のどんな瞬間に男性を萌えさせるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(浅原聡)
Photo:All images by iStock