飲み会で「俺のこと好きなのかも?」と、男性を勘違いさせてしまう女性の行動9パターン


飲み会中に、「俺のこと好き?」と、男性に勘違いされてしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。今回は、そんな「飲み会で『俺のこと好きなのかも?』と、男性を勘違いさせてしまう女性の行動」をご紹介します。

  • 【1】腕や太ももへのボディタッチが多い。

    「太ももとか触られたら、『俺のこと、ありなの?』って興奮する」(20代男性)というように、男性はボディタッチに敏感なようです。軽く肩を叩くくらいなら問題なさそうですが、腕や太ももをベタベタ触ると、勘違いされる可能性が高いといえそうです。

  • 【2】男性の隣の席に移動する。

    「意識してない振りをするけど、内心はめっちゃテンション上がる」(20代男性)など、女性がわざわざ移動してきて隣に座ると、それだけでうれしくなる男性は多いようです。男性は、「女性が自分を選んでくれた」と思うのかもしれません。

  • 【3】酔っぱらって、男性の肩に寄りかかる。

    「寄りかかるって、好意があってこその行動だと思う」(20代男性)というように、寄りかかるという行動から好意を読み取る男性もいるようです。酔って眠くなっただけの場合は、勘違いされないよう気を付けた方がいいでしょう。

  • 【4】「ちょっとちょうだい」と男性のお酒を飲む。

    飲み会でよくある状況ですが、「間接キスって、ドキドキします」(20代男性)のように、恥ずかしがり屋でウブな男性は多いようです。女性側は無意識でも、男性はドキッとするかもしれないので、むやみに同じコップを使うのは控えた方がいいかもしれません。

  • 【5】トイレの前などで男性とすれ違ったときに、声をかける。

    「他に人がいない場所で話しかけるって、特別な相手だからだと思う」(20代男性)というように、二人っきりという状況を意識する男性もいるようです。逆にいうと、気になる男性とすれ違った場合は、絶好のチャンスなのかもしれません。

  • 【6】男性の話の聞き役に徹し、どんな話題でも笑顔を絶やさない。

    「マンツーマンで笑って話を聞いてくれるって、すごくうれしい」(20代男性)など、楽しそうに話を聞いてくれる女性の姿勢から、好意を感じ取る男性も多いようです。「マンツーマン」や「聞き役に徹する」という部分が、男性にとって重要だといえそうです。

  • 【7】「好きなタイプは?」など、男性の恋愛観について質問する。

    飲み会では恋バナもよくありますが、「恋愛対象だから、好みや恋愛観が気になるんだと思う」(20代男性)と、女性からの質問内容を意識して聞いている男性もいるようです。興味のない人には、恋バナはしない方がいいかもしれません。

  • 【8】向かいの席で、酔っぱらったようなうつろな瞳で男性をじっと見つめる。

    「『そんなに見ないでくれ』って、恥ずかしくなる」(20代男性)など、女性から見つめられることに弱い男性は多いようです。酔っぱらってボーッとした女性の視線に、男性はドキドキするからこそ、見つめられただけで勘違いするのかもしれません。

  • 【9】「次はオススメのお店に連れて行ってほしいな」と、男性を誘う。

    「『二人で飲みたい』的な誘いは、今後発展する可能性があるって思って当然」(20代男性)というように、「今度二人で」というニュアンスの誘いを、男性はストレートに受け取るようです。興味がない相手には、言わない方がよさそうです。

女性が無意識でしている行動に、男性はドキドキしてしまうのかもしれません。ほかにも、「飲み会で『俺のこと好きなのかも?』と、男性を勘違いさせてしまう女性の行動」にはどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock