真冬のデートを快適に過ごすための寒さ対策9パターン


オシャレは我慢と言いますが、真冬のデートで無理すると寒すぎて楽しめなくなってしまうかもしれません。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんに、真冬のデートを快適に過ごすためにどんなものを準備しているのか聞いてみました。

  • 【1】二人で一緒に巻ける長めの「マフラー」

    「マフラーを一緒に巻けば、ラブラブな雰囲気。」(20代女性)のように、二人を温め、距離を縮める効果がありそうです。二人でマフラーを巻いたまま歩くのを嫌がる男性もいるので、アトラクションの待ち時間など、あまり動かないシチュエーションでするといいでしょう。

  • 【2】ベンチに座ったとき、膝かけにできる「ブランケット」

    「『寒いね』と言って二人で使えば、急接近できるかも!」(10代女性)という意見のように、ブランケットに二人でくるまれば、冷たいベンチでも寒さを我慢せずにすみそうです。寒さに震えることなく、二人の会話も弾むでしょう。

  • 【3】夜景を見るときに手先を温める二人分の「カイロ」

    「彼が寒そうにしているときに渡すと感謝される。」(20代女性)のように、カイロを男性の分まで用意すれば、気が利く女性であることをアピールすることもできます。特に山の上にある夜景スポットなど、冷えやすい場所だとカイロは効果を発揮するでしょう。

  • 【4】集合場所で出会ってすぐの二人を温める、ホットドリンクを入れた「タンブラー」

    「待っている間に冷えた体が温まる。」(20代女性)という意見のように、ホットドリンクでまず体を温めれば、気分よくデートを始められそうです。事前に男性が好きな飲み物を聞いておくといいでしょう。

  • 【5】モコモコになりがちな冬の服装もスマートに見せる「薄手のインナーウェア」

    「寒いのはイヤだけど、冬の服装もかわいく見せたいので。」(20代女性)のように、オシャレをアピールしつつ、寒さ対策もできそうです。薄手のインナーウェアの重ね着なら、動いて暑くなったときに、1枚脱いでカバンに入れるなどの調整もしやすいでしょう。

  • 【6】アクティブデートでも動きやすい「厚手のレギンス」や「レッグウォーマー」

    「動きやすいし、体調を気にしなくてもすむ。」(20代女性)のように、下半身を冷やさずにすむので体調不良を防げそうです。また、ボウリングなどのアクティブなデートでも動きやすいので、思いっきり楽しめるでしょう。

  • 【7】男性と手をつなぐために付け外ししやすい「手袋」

    「片方だけ外したりして、手をつなぐきっかけをつくります(笑)。」(10代女性)のように、付け外しがラクな手袋なら、男性と手をつなぐチャンスをつくりやすそうです。さらに、寒がる男性に手袋を貸すこともできるので、気が利くことをアピールできるかもしれません。

  • 【8】突然のキスに慌てないための「リップクリーム」

    「唇がガサガサだと冷めるかもしれないので。」(20代女性)のように、唇を保湿しておけば、男性からの突然のキスに慌てずにすむかもしれません。また、口元が乾燥している男性にリップクリームを貸すことで、親近感を抱かせることもできそうです。

  • 【9】テーマパークの長い待ち時間でもお腹を冷やさない「貼るカイロ」

    「『寒い』と連呼しなくてすむし、デートの雰囲気を壊さない。」(20代女性)のように、「寒い。」と口にすることが減り、デートの雰囲気が良くなるかもしれません。屋外で並んでいるときなどの体の冷えも防いでくれるでしょう。

他にどんな「真冬のデートを快適に過ごすための寒さ対策」があるのでしょうか? みなさんからのご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock